記事の詳細

犬をモチーフにしたロゴデザイン例 -#357

  • 2018.07.15

  • 犬をモチーフにしたロゴデザイン例

    犬は人間に最も身近な動物のひとつです。古くから家庭で飼われ、住居の見張りや、狩猟のサポーターとして親しまれてきました。現在ではもっぱら愛玩用として人気で、日本では5世帯のうち1世帯が犬を飼っているともいわれています。ロゴデザインも、番犬や狩猟犬としてではなく、愛玩動物としての側面が強調される場合が多いようです。犬をモチーフにしたロゴデザイン例を取り上げてご紹介します。

     

     擬人化された犬をあしらったロゴデザイン例

    犬をモチーフにしたロゴデザイン1

    愛玩動物となり、野性味がほとんどといっていいほど失われてしまった現在でも、犬の嗅覚や聴覚が優れていることに変わりはなく、何かを嗅ぎつけたり見つけたりする能力に長けています。このロゴデザインでは、首輪をつけられた犬がメガネをかけて微笑んでいる様子が描かれていて、まるで「好感度の高いビジネスパーソン」のような印象。「fanatical about customer service(カスタマーサービスに熱狂的)」とあることから、質の高いカスタマーサービスを提供することをアピールしているようです。

     

    犬を主役にしたクラシカルなロゴデザイン

    犬をモチーフにしたロゴデザイン2

    窓のなかに動物を、その周囲にタイポグラフィーを配置するというクラシカルなスタイル。移動型のグルーミングスタジオのロゴデザインのようです。イラストのタッチや字体もどこかクラシックなテイストで統一されていて、「古き良き時代」を連想させます。しかし、「ESTD 2017(2017年創業)」とあるので、とても新しいお店みたいです。あえて、クラシカルな雰囲気を醸しているということがわかります。伝統を重んじる客層からは好評価でしょう。

     

    オーソドックスな表現法を用いたロゴデザイン

    犬をモチーフにしたロゴデザイン3

    ドッグフードのロゴデザイン案のようです。犬が嬉しそうに尻尾を振って食事を待つところをうまく表現しています。「美味しいドッグフードが待ち遠しい」的な、ドッグフードのロゴデザインにありがちなスタイル。とはいえ、愛犬を飼っている人は、やはりこうしたオーソドックスな表現に目をとめたくなるはずです。

     

    犬は、人間の暮らしに欠かせない、親しみ深く身近な動物です。多くのロゴデザインに積極的に採用されているわけですが、それだけに個性的なロゴデザインに仕上げるのは難しい面もあります。しっかりと差異化することが求められるといえるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 犬をモチーフにしたロゴデザイン例 -#357

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。