記事の詳細

熊をモチーフにしたロゴデザイン例 -#356

  • 2018.07.15

  • 熊をモチーフにしたロゴデザイン例

    熊というと体が大きく力持ちで、森に住む動物のなかで最強。空腹時や子供に危険が及んだと判断したときには、凶暴な一面さえのぞかせます。毎年、山に入った人を襲ったり、食べ物を求めて人里に姿をあらわしては畑を荒らしたりといった話が絶えません。ところが、丸みのあるふっくらとした体つきをしているという理由からなのか、可愛らしい動物の代表格としても位置づけられています。そんないろんな側面を持ち合わせる熊をモチーフにしたロゴデザイン例をご紹介します。

    可愛い熊のイメージを強調したロゴデザイン

    熊をモチーフにしたロゴデザイン1

    にっこり笑った子熊(?)をあしらった、「可愛らしい系」の熊イメージを前面に出したロゴデザインです。赤ちゃん向けのおもちゃとして知られる「起き上がり小法師」のようなシルエットに仕立てることで、ベビー用品店のためのロゴデザインであることがすぐにわかるようになっています。赤ちゃんのおもちゃに見立てることで赤ちゃんそのものを連想させるというロゴデザインの常套手段。効果てきめんです。

     

    ステレオタイプを利用したロゴデザイン

    熊をモチーフにしたロゴデザイン2

    アメリカはミズーリ州セントルイスにある、海苔で野菜やフライなどを包む、いわゆる海苔巻きで有名なお店、「BLK MKT -eats-」のロゴデザインです。よく土産物屋に売られている民芸品として知られる木彫りの熊のように、鮭を口にくわえたいわばステレオタイプ的な熊をあしらっています。このように誰もが知っている、テレビなどで見たことがあるイメージは、ロゴデザインに使われやすい傾向があります。実際、熊の食物のほとんどは果実や草木。なかなか採れる場所が減ってきていることもあり、雑食性ではあるものの、あまり魚は食べないのだとか。

     

    本来の力強さを強調したロゴデザイン

    熊をモチーフにしたロゴデザイン3

    スポーツチームのためのロゴデザイン案です。いかにも凶暴な表情で、本来の力強さを強調しています。やさしく可愛い熊を愛する人々にとっては、少々受け入れ難いほどの直接的なイメージ。しかしもちろん、熊の本当の強さは誰もが知るところなので、ロゴデザインとしては無難にまとまっています。

     

    可愛く見せることも、いかにも強そうにデフォルメすることも簡単。今回取り上げた熊のように、どんなイメージにでも作り上げることができる素材は、デザイナーの力量次第で仕上がりに差が出やすいものです。それだけに、こうした素材を使って愛されるロゴに仕上げるのは難易度が高いといえるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 熊をモチーフにしたロゴデザイン例 -#356

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。