記事の詳細

魚をモチーフにしたロゴデザイン例 -#355

  • 2018.07.15

  • 魚をモチーフにしたロゴデザイン例

    海を表現する場合、海そのものをアイコン化するのはなかなか難しいため、灯台や船、イカリなどとともにしばしば用いられるのが、「魚」です。とりわけ「釣り」関連企業のロゴデザインに採用されている例をよく見かけます。今回は、魚をモチーフにしたロゴデザイン例の特集です。

     

    枠を飛び出す魚が主役のロゴデザイン作成例

    魚をモチーフにしたロゴデザイン1

    大きな魚とともに、海に浮かべた小舟の上で魚を今まさに釣り上げようとする人が描かれているボートフィッシングクラブのロゴデザインです。円状の外枠にタイポグラフィーをぐるりと配し、中央にアイコンを描くオーソドックスなデザイン。どちらかというと装飾を抑えた控えめなロゴデザインですが、主要なモチーフである魚が枠を飛び出すことで臨場感を演出しています。大物を釣ることができそうな印象を受ける釣り人は多いはず。

     

    モチーフを重ね合わせて別のモチーフを浮かび上がらせるロゴデザイン

    魚をモチーフにしたロゴデザイン2

    モチーフを逆向きにして重ねて、その下にタイポグラフィーを配置。クラシカルな正攻法で描かれたロゴデザインです。釣り針を重ねることで、もう一つのモチーフである魚を浮かび上がらせるというのが、このアイコンのカナメ。釣り針の形状をできるだけシンプルにすることで、魚のシルエットを際立たせることに成功しています。

     

    魚を擬人化して商品の品質の高さをアピールするロゴデザイン

    魚をモチーフにしたロゴデザイン3

    スモークサーモンはじめ、魚を加工したさまざまな食品を製造・販売している企業のロゴ作成例です。シルクハットをかぶせて、パイプをくわえさせることで、モチーフとなっている魚を擬人化しています。ただのお遊びのようにも見えますが、上流階級のような風貌が、まるで魚の質が高いかのような印象を与えるから不思議です。

     

    魚類は、哺乳類などとは明らかに異なる独特な形状をしているため、モチーフに加工しやすく、ロゴデザインでも積極的に用いられます。とはいえ、デザインへと落とし込む方法は無数にあり簡単ではありません。使いやすいモチーフほど、強調したり擬人化したりといった工夫が必要です。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 魚をモチーフにしたロゴデザイン例 -#355

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。