記事の詳細

映画プロダクションの無骨さのあるロゴマークを作成しました。

  • 2017.04.05

  • 映画プロダクションのロゴデザイン制作例

    バイオレンス映画を得意とする映像プロダクションのロゴマークです。

    アウトローな世界を描く映画プロダクションのバイオレンスなイメージを含みつつ、スタイリッシュなロゴデザインに昇華させました。クールな雰囲気の中にも、男らしい無骨さが感じられるデザインです。

    映画プロダクションのロゴマーク

    スタッフウェアのイメージ

    スタッフウェアのイメージ ロゴマークに対する感想 

    いぶし銀の魅力を感じさせる男らしいデザインがカッコイイです。

    「アウトローな世界を描く映画プロダクションのロゴデザインということで、どこか予測不能な不安定な世界を表現しているところに興味がひかれます。一気に書き上げたような疾走感のある書体もアトラクティヴです。ロゴデザインの下にある名称にキッチリした書体が用いられているので信頼が置けそうな点もポイントが高いと言えると思います。余白の使い方も緩急がつけられており、余裕を感じさせる雰囲気に気品を感じます。

    粗野なだけでない複合的な魅力があると期待させてくれる仕上がりではないでしょうか。クールで潔くインパクトはありますが、決して極端に個性的になっているわけではないので、いくらでも見ていられる古びない輝きを感じさせてくれます。スタイリッシュで無駄のないロゴデザインなので、引き締まった男性のような印象を与えてくれる点もいなせです。白黒の色調もこのロゴに最適だと思います。潔いシンプルで力強い雰囲気をかもしだしています。期待以上の成果をあげてくれそうなプロの集団という印象を覚えました。荒々しさはありますが、流れるような書体が若々しさを感じさせてくれるので、幅広い人に受けが良いロゴデザインだと思います。」

    荒々しさの中にも、筋はしっかりと通っているような、信頼感のあるロゴデザインです。

    「ロゴは会社の顔であり、その会社の仕事のイメージを表現します。こちらのロゴはとてもスタイリッシュで一気に書き上げたような、疾走感あふれる、荒々しい、ちょっと危ない感じがするデザインとなっています。バイオレンスなイメージと男らしい無骨さを表現することで、この会社のイメージを端的に伝えていますよね。逆に、固い文字だけだと、堅い映画を作っているの?と、アウトローな世界観を描く映画に結びつかないかもしれません。

    極端に個性的でなく、クールでインパクトあるロゴデザインはいくら見ても飽きないですし、先の時代でもマッチする、そんな映画を制作してくれるのではないか、そんな期待感もこのロゴマークから読み取れるように感じます。」

     

    チームロゴ制作料金のページへ


    1. TOP
    2. ロゴデザイン制作依頼・提案例 サンプル見本一覧
    3. イベント/サークル/その他ロゴ制作依頼
    4. 映画プロダクションの無骨さのあるロゴマークを作成しました。

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。