記事の詳細

ストライプを使ったロゴ作成例 -#345

  • 2018.06.26

  • ストライプを使ったロゴ

    ココシャネルが、労働者の洋服をファッションに取り入れ、瞬く間にストライプ柄はファッショナブルなものに変貌しました。ストライプを使ったロゴもお洒落感満載です。 

     

    美しくお洒落な数字の9

    ストライプを使ったロゴ1
    ストライプのリボンで作られた数字の9です。白地に5本のストライプが入ったリボンを8本使い、構成して9を作ります。これは写真ではありません。これほどの数があっても暗い濃い影がありません。現在CGで実物のようにつくれるのです。ロゴを概観しただけで、制作者の繊細さもわかります。上部と下部とでは。微妙に明るさを変え、リボンのヘムもホワイトで処理されています。影も微妙な調子をつけることで、空間を上手に表します。こうした細部の詰めがリアリティーを感じさせます。 

     

    金太郎飴のような数字の25

    ストライプを使ったロゴ2

    これが飴だったら金太郎飴のように、切っても切っても同じ模様が出るはずです。25の数字も一つの方向に並んでいません。ねじれも不規則なので飴のように見えるのです。この飴のようなロゴが、単色だったらこのお洒落感は出せないでしょう。25周年記念のロゴに、こうしたストライプの文字は目立つこと間違いないです。 

     

    金属製フィルターのようなアルファベットの “ S ”

    ストライプを使ったロゴ3

    自動車のラジエターに使われる金属製フィルターのようです。アルファベットの “ S ” は、無彩色で均質な色合いです。グレーはやや濃いめなので、鉛の色のようです。光る部分と影の部分が、滑らかな階調をつくりますが、明るさ暗さ明るさと交互に繰り返されています。自然に見られる明るさから暗さへ流れる序列とは異なリます。この金属特有の階調によって、 “ S ” の文字は金属のように見えるのです。

     

    同じストライプでも、線と線の間隔、材質感による陰影の描き方で空間性も変わります。微妙な色彩表現によって、ロゴは異なるリアリティーを作ります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ストライプを使ったロゴ作成例 -#345

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。