記事の詳細

ムービーを静止画で表現:映像会社ロゴ(1) -#339

  • 2018.06.26

  • 思わず食べたいスイーツ店ロゴ

    映像会社というと有名な映画制作会社を思い浮かべるかもしれませんが、映像に携わっている会社は映画だけではなく多彩な作品制作をしている会社が大小様々あります。普段では映画会社以外のロゴを目にすることは滅多に無いかと思いますが、実はなかなか面白いロゴデザインが沢山あるのをご存知でしたか?映像をどうやってイラストとして表現しているのか、それぞれの会社の表現方法がとても興味深いです。2回シリーズでお届けします。

     

    映像会社のロゴ : 立体感溢れる映像を

    映像会社ロゴ1

    Double Visionという社名に乗っ取って、二重で描かれた眼鏡がとても印象的です。眼鏡は「映像を見る」というイメージを強く意識させる効果があると同時に、その眼鏡が赤と青で少しずらして描かれている点から、昔の3D眼鏡を連想させますね。新しいデザインでありつつ、起用している物が少しレトロという2つのアイディアの面白いミックスが素敵です。

     

    映像会社のロゴ : 思わずこんな顔になってしまうかも

    映像会社ロゴ2

    ホラー映画/映像制作会社のロゴらしい、恐怖に思わず口を大きく開いた顔のように見える映画フィルムがロゴになっています。黒字に白抜きで描くことで、ホラー映画と言えば王道の映画Scream(スクリーム)の仮面を意識させるところも工夫の一つですね。

     

    映像会社のロゴ : ゆっくりのんびり

    映像会社ロゴ3

    スローモーションで描かれる映像は、普段見られない世界であるからこそどこか幻想的であったり、新たな発見が多い物ですよね。そうした映画/映像に特化しているかどうかは分かりませんが、そのゆっくりしたスピードを表わすかの様に描かれたカタツムリがとても印象的です。ちゃんと殻にはフィルムリールが見えるのが可愛らしいですね。

     

    映像会社のロゴ : 思い出を一緒に

    映像会社ロゴ4

    こちらは結婚式などの映像を撮影する会社の様です。ぴったりと寄り添った二人が仲睦まじく、明るいオレンジ色も手伝ってとてもポジティブな印象を受けます。そして右側に描かれた三角と合わせてみると、途端に二人はカメラへ変身します。とてもシンプルでありながら、ちょっとした仕掛けもあり、とても可愛らしい作品に仕上がっていますね。

     

    映像と一口に言っても、様々な種類がありますよね。今回はポップさが強い、可愛らしい作品に特に注目しながらご紹介しました。次回もまた他とはひと味違う、面白い映像会社ロゴをご紹介していきます。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. ムービーを静止画で表現:映像会社ロゴ(1) -#339

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    関連サイト

    ■ ASOBO DESIGN - チラシ・ポスター作成依頼

    ■ PACK LABO - パッケージ・ラベル制作依頼

    powered by 広告制作事務所AMIX

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。