記事の詳細

弦楽器モチーフのロゴデザイン制作例 -#315

  • 2018.06.15

  • 弦楽器モチーフのロゴデザイン

    共鳴する器に張られた弦を指や弓で震わせて音を出す弦楽器は、ヴァイオリンやギターなど、さまざまな種類があります。美しい音を想像させてくれる、優美な楽器のデザインをまとめました。

     

    ヴァイオリンのロゴデザイン制作例

    Jesse Mannさん(@jmann.design)がシェアした投稿

    松ヤニでよく手入れされ、ツヤツヤとした輝きを放つヴァイオリン。シックな木目と、楽器に対してクロスするように置かれた弓がエレガントな印象です。切れた弦がはみ出しているのはご愛嬌。円形のグレーにヴァイオリンを配置することで、安定感を感じさせます。

     

    エレキギターのロゴデザイン制作例

    Electric Guitar

    Jesse Mannさん(@jmann.design)がシェアした投稿 –

    メタリックなグレーの質感が、とてもハードな印象のエレキギター。こちらも1番目のロゴと同様、切れた弦がひょろりと飛び出ています。ネック部分やボディのつまみがよく描きこまれているので、ギターの愛好家も納得のクオリティといえるのではないでしょう。1番目と同じグレーに彩られた円形の背景が、楽器をよりシャープに見せています。

     

    バンジョーのロゴデザイン制作例

    Jesse Mannさん(@jmann.design)がシェアした投稿

    アフリカの文化の影響を受けている米国発祥の楽器、バンジョーは、ブルースやカントリー・ミュージックによく用いられる楽器です。特徴的な丸いフォルムはデザイン性が高く、ロゴデザインとしても魅力的。こちらも1番目、2番目のロゴと同様、弦がいくつか切れています。これは「弦が切れている状態」をあらわすというより、デザイナーの遊び心、もしくはデザインする際の個性のひとつといえるかもしれません。ほかの2つのロゴと同じくグレーの背景ですが、楽器が異なると同じはずの背景も雰囲気が違っているのが分かります。

     

    弦楽器は、クラシックだけでなくロックや民族音楽など、ありとあらゆる音楽ジャンルで親しまれている楽器です。今回挙げたロゴは、すべてディテールを描きこんだタイプですが、デフォルメしたデザインもよく好まれています。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 弦楽器モチーフのロゴデザイン制作例 -#315

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。