記事の詳細

おもしろいバービコン作成例 -#307

  • 2018.06.13

  • おもしろいバービコン作成例

    言葉の意味を視覚化して表現したものを「バービコン」(verbicon)といいます。商品名やサービスのロゴを作成するときの参考になります。今回はおもしろいバービコンの制作例を紹介します。

     

    タップするのは指だけとは限りませんが

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    スマートフォンやタブレットはもちろん、ATMや案内板などわたしたちはタッチスクリーンまたはタッチパネルに囲まれて暮らしています。タブレットペンなどもあるので、タップは100パーセント指だけで行われるわけではありませんが、割合は圧倒的に指が多いでしょう。大文字「A」を指先に見立てて、”tap”をバービコンにしました。文字とイラストの線の太さは揃えています。

     

    実は獲物に命中すると戻ってきません

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    戻る、という意味の”return”の「r」がブーメランに入れ替わっています。アクション映画やヒーローもので武器として使われることがあるブーメランですが、獲物や敵に命中したら自分のところに戻ってくることはないそうです。殺傷力のあるブーメランが獲物をしとめたあと戻ってきたら、自分自身が2匹目の獲物となってしますからです。ごもっとも。とはいえ、戻ってくるものといえば、ブーメランが最初に頭に浮かびますね。ほかには投げたボールを拾ってくるワンちゃんでしょうか。

     

    ひらめくとやはり電球が光るのです

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    いいアイデアが浮かんだときに電球にパッと光がともるのは、昔からアニメなどでよくみる表現です。また、アイデアそのものの視覚的メタファーでもあります。大文字「D」のカーブした部分(ボウル)が大きく膨らんで電球の形になっています。

     

    現在ではほとんど使われることのない鉄球です

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    破壊、という意味の”destruction”ですが、その「o」を鉄球にした案です。建造物の解体に大きな鉄球が使われているのを映像アーカイブなどで目にしたことがあるかもしれません。日本国内では山間部や周りに民家のない農村などを除いてほとんど使われていないそうです。

     

    今回ピックアップしたサンプルを並べてみると、使われている視覚的メタファーが、極めてオーソドックスだったり、古くから使われていたものであることに気づきます。誰にでもパッとわかるロゴマークにしたかったら、良い手段と言えそうです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. おもしろいバービコン作成例 -#307

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    関連サイト

    ■ ASOBO DESIGN - チラシ・ポスター作成依頼

    ■ PACK LABO - パッケージ・ラベル制作依頼

    powered by 広告制作事務所AMIX

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。