記事の詳細

穏やかなグラデーションを施したロゴ -#306

  • 2018.06.13

  • 穏やかなグラデーションを施したロゴ

    最近は、極彩色の派手なグラデーションではなく、色味の差があまり大きくない穏やかなグラデーションを採用したロゴが増えているようです。

     

    セントラルヒーティングの管理サービスのロゴデザイン

    logolearnさん(@logolearn)がシェアした投稿

    ビルのセントラルヒーティングシステムの管理サービスを提供している、ニューヨークの”Heat Watch”という企業のロゴマークです。暖房システムやボイラーの安全で効率的な運用のために、専門的なソフトウェアやアプリ・機器・人材によって24時間監視します。作者によると水滴と炎がモチーフだそうです。お湯または水蒸気で熱を循環するので、水滴がモチーフになるのですね。炎はボイラーの象徴でしょう。ブルーとグリーンのグラデーションを使って、エネルギー効率の高い、新しいシステムであること印象づけています。

     

    スペクトルにしては派手さが抑えられたロゴ

    “spectra”とはスペクトルのことです。プリズムに光が入ると虹色になって出ていきますが、そのように色の成分に分解された状態をスペクトルといいます。色だけではなく、周波数スペクトルや音声スペクトルなどがあります。このサンプルでは、プリズムをモチーフにしたかのような三角形が使われています。プリズムといえば虹色なのですが、このサンプルではマゼンタからシアンへのシンプルなグラデーションにしています。しかも彩度も低めに抑えられているため、一般的なスペクトルのイメージよりも落ち着いた仕上がりになっています。また、三角形のフォルムは、3次元オシロスコープに表示された波形のようにも見えます。

     

    幻想的な鳥のマーク

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    ツルやサギを思わせる鳥が、幾何学的な曲線を使って描かれたシンボルマークです。明るいブルーから、ほんの少し赤みの入ったミディアムパープルまでの繊細なグラデーションで、頭、胴体、翼の境が示されています。厚みを持たない面だけの鳥です。幻想的なアニメーションのように動き出しそうです。

     

    フォルムが同じでもグラデーションの入れ方によっては、ずいぶん印象が変わります。ソリッドカラーでは期待する結果が得られないときは、微妙に変化するグラデーションを試してみるといいかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. 穏やかなグラデーションを施したロゴ -#306

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。