記事の詳細

ハンバーガーショップのロゴのいろいろ -#279

  • 2018.06.07

  • ハンバーガーのロゴのいろいろ

    本場のハンバーガーは牛肉100%です。日本の合挽きでパン入りのハンバーグステーキは、ラーメン、スパゲッティナポリタンと同じく日本製なんですね。

     

    お店のコンセプトを体現したバーガーショップのロゴデザイン

    ハンバーガーショップのロゴ1

    2017年ベストハンバーガーを受賞した、米国フィラデルフィアにある新しいハンバーガー店です。225グラムの神戸牛バーガーも約¥1200でメニューにのってます。ロゴのスケッチの由来は、一週間ごとにスケッチを募集し、スタッフが選んで展示することからきています。選んだ作品は、サイトで紹介するなど、マーケティングとして使用しています。このコンセプトに即してか、ロゴのイラストはスケッチ風にできていることがわかります。

     

    焼き印風に仕上げたバーガーショップのロゴデザイン

    ハンバーガーショップのロゴ2

    まだオープンしていない、ハンバーガー店のロゴです。木目に焼印風に仕上げられたデザインが印象的ですね。ロゴをみるとバーベキュー用のフォークとフライがえしが描かれ、ハンバーガーがバーベキュー風であることがわかります。イメージによる言語化を視覚言語と言いますが、イメージ化することで読まずに理解、また想像してもらえることが利点です。王冠とオリーブの葉は、うちのハンバーガーは最高ですよ!と言っているのでしょう。イラストは焼印にしやすいよう太めの線描で仕上げています。これならバンズのトップに刻印することも可能ですね。

     

    一筆書きで仕上げたハンバーガーのロゴデザイン

    ハンバーガーショップのロゴ3

    バンズの点以外、一筆書きで仕上げられたロゴです。ハンバーガーは赤く、温かさ、新鮮さ、トマトケチャップ等をイメージさせます。一筆書きの利点は、ネオンサインの製作にむいている点です。またシンプルなので記憶に残りやすいこともあげられるでしょう。人の視点は物を目で追う性質を持っています。絵画の場合そうした視点操作を、造形操作で行う人もいます。このロゴでも上から順に目で追っていることがわかります。

     

    さまざまなハンバーガー屋のロゴを見てきました。どのお店に寄ってみたいですか。ハンバーガーの種類によっても、ロゴのデザインは変わるものなのですね。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ハンバーガーショップのロゴのいろいろ -#279

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。