記事の詳細

鉛筆をモチーフにしたロゴ作成例 -#276

  • 2018.06.06

  • 鉛筆をモチーフにしたロゴ

    鉛筆の原型とは、ラクダの毛で作った筆、蝋板に尖筆で記録する道具、皮紙に細い金属棒による描画用道具などと言われています。

     

    ビヨンビヨンと上下する鉛筆のロゴデザイン

    鉛筆をモチーフにしたロゴ1

    古代の筆記道具は、現在でも役にたつアーティストのアイテムです。見るからに不安定な鉛筆の影が、鉛筆を浮かぶようにみせてます。宙を伸び縮みする不安定な鉛筆が、アイデアの浮き沈みを表しているのでしょうか。ビヨンビヨンと上下するのが目に浮かびます。遊び心満載で、動きのあるロゴデザインになっています。

     

    ジュエリーアーツスクールのロゴデザイン

    鉛筆をモチーフにしたロゴ2

    鉛筆をダイヤモンドのブリリアンカットのように仕上げたデザインです。文字で「ジュエリーアーツデザインスクール」と書いてあります。鉛筆はデザイナーにとってなくてはならないものです。そしてダイヤモンドはその鉛筆の芯の成分である炭素でできています。深読みすれば、鉛筆でアイデアを具現化し、デザインされたものはダイヤモンドになります。こうしたクリエーションを私共の学校で教えています。そんな知的なピクトグラム化したロゴであることがわかります。

     

    生まれた時からデザイナー

    鉛筆をモチーフにしたロゴ3

    鉛筆先を、先住民テントのようにデザイン化したロゴです。こんなにクリエイティブな心をもった人々が住んでいますと言わんばかりに、テントの入り口が開かれています。ネイティブデザイナーの文字を加味すると、全体的に三角形構図が強くなるのを懸念してか、棒が三本飛び出るように描いています。三本の棒があること、入り口が開かれていることで、イラストのテントのリアル感をだしています。三角形の構図ゆえにロゴマークの安定感は抜群です。

     

    鉛筆のメタファーをつかい、複雑な物語を想像させる三つのロゴを見てきました。なかなかこうした遊びを挿入する機会は実際のところ少ないようです。しかし、チャンスが訪れたら試みてはいかがですか。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 鉛筆をモチーフにしたロゴ作成例 -#276

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。