記事の詳細

ライオンをモチーフにしたロゴデザイン例 -#273

  • 2018.06.05

  • ライオンをモチーフにしたロゴデザイン例

    ライオンといえば百獣の王。とりわけオスに関しては、猛々しいタテガミがいかにもそれらしい雰囲気であることも手伝って、動物界の頂点に君臨するキングとみなされています。アフリカ大陸やインドの北西部に生息していますが、動物園があるおかげで私たち日本人にとっても身近な動物です。今回はそんなライオンをモチーフに使ったロゴデザインをご紹介します。

     

    王冠を戴いたライオンのロゴ作成例

    ライオンをモチーフにしたロゴデザイン1

    王冠を戴いたオスのライオンのアイコンをあしらったロゴデザインです。「ROYAL HIGHNESS」とは、「殿下」という意味で使われる言葉ですが、まさにそれにふさわしいアイコンといえます。タテガミをよく見ていると何かの形を表しているのがおわかりでしょうか。実はこのロゴデザインは、医療大麻などを取り扱っている企業のもの。そう、ライオンのタテガミは大麻草の葉っぱをもモチーフにしているのです。よく練られたロゴといえるでしょう。

     

    ライオンの鼻を強調してデフォルメしたロゴ作成例

    ライオンをモチーフにしたロゴデザイン2

    ライオンはタテガミだけでなく鼻にも特徴があります。ネコ科の動物は概して立派な鼻をしていますが、とりわけライオンのものは大きい。このロゴはそんなライオンの特徴を強調してうまくデフォルメしています。「THE CHURCH of the HILLS」とあるのでクリスチャンのコミュニティのためのロゴでしょうか。キリスト教において、ライオンはユダヤ民族の象徴とされることがあるのですが、このロゴとの関係については不明です。

     

    紋章風のロゴデザイン作成例

    ライオンをモチーフにしたロゴデザイン3

    紋章にライオンが使われるということは西洋ではよくあることです。例えば、フランスの自動車メーカーのプジョーや、ドイツのビールメーカー”レーベンブロイ”などがすぐに思い浮かびます。こちらの紋章風のロゴデザインは、上で取り上げたものと同じくキリスト教系の学校のもののようです。紋章に使われるライオンは威厳の象徴とされる傾向があります。とりわけ正面を向いている場合は誠実そうなイメージですね。

     

    ライオンを使ったロゴは、日本ではあまり見かけられないような気がします。キングを象徴する動物ですから、もっと多用されてもいいのになどと思っていたら、そういえば「ライオン」という名前の大企業があることに気がつきました。あの企業では、可愛いライオンのキャラクターを使っていますね。一口にライオンといってもさまざまな表現があることがわかります。今後はどんなタイプのライオンのロゴデザインが出てくるのか楽しみです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ライオンをモチーフにしたロゴデザイン例 -#273

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。