記事の詳細

頭文字で立体感のあるシンボルマークを作る -#260

  • 2018.06.01

  • 頭文字で立体感のあるシンボルマークを作る

    ロゴのシンボルマークを作成するとき、ブランド名や店名、企業名の頭文字をモチーフにするという案は、必ずといっていいほど候補に上がります。ロゴタイプの最初の1文字と同じアルファベットで作った質の高いシンボルマークを紹介します。

     

    透明感と立体感を得たプリズム状のシンボルマーク

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    VolusionはEコマースサイトを作るためのプラットフォームを提供しているIT企業です。オンラインビジネスを起こしたクライアントがアイデアを形にして目標に達成できるようにサポートすることがVolusionのミッションです。そのミッションを視覚化するために、光が通過すると鮮やかな虹に分光するプリズムをモチーフにしました。プリズムの形状はロゴタイプの「V」を基にしています。企業サイトに掲載されているロゴリニューアルのストーリーによると、企業イメージに合う色の組み合わせを徹底的に検討したそうです。最後の仕上げとしてプリズムの角を丸くしたことが、このロゴを印象深いものにしています。新ロゴの完成を祝うパーティーでは、音楽は当然ながらピンクフロイドだったそうですよ。

     

    巧みなワザで立体感を持たせた独特のフォルムのシンボルマーク

    商業用物件専門の不動産会社のロゴです。社名の「s」を印象深いフォルムに仕上げています。黒地のシンボルマークの特筆すべき点は、グラデーションで陰影をつけず、曲線だけで重みまで感じるような立体感を出していることです。この会社のゴールは、クライアントの「成長と繁栄」をサポートことだそうです。このシンボルは「成長」「繁栄」を抽象的に表現しているように思います。

     

    ステーショナリーを連想させるシンプルな構成のシンボルマーク

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    この作品の作者によると、ノートパッドもしくは折った紙と、頭文字「K」をコンセプトにしているそうです。シンボルマークは、少し変わった形にトリミングした紙を2箇所で折った状態のように見えます。よく見ると、明るいブルーの角を折った部分の「影」にぼかしはありません。同様に濃紺に落ちている影もソリッドです。残念ながら”KnowNote”がブランド名なのか商品名なのか何を意味しているのかはわかりません。

     

    企業名・ブランド名の最初の1文字をモチーフにしてシンボルマークを作成する機会は多くあると思います。その際、企業のミッションやサービスのコンセプトを落とし込むことが、ひとクラス上のロゴマーク作りにつながるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 頭文字で立体感のあるシンボルマークを作る -#260

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。