記事の詳細

動物の鼻がなんだか面白いロゴマーク -#254

  • 2018.05.31

  • 動物の鼻がなんだか面白いロゴマーク

    動物をモチーフにした可愛らしい習作をご紹介します。社名や店名に動物の名前が使われているレストランやレコード会社のロゴマークが動物の顔になっていますが、その鼻がちょっと不思議なことになっています。

     

    朝食と言えば目玉焼きなロゴ

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    アメリカ合衆国には”Breakfast Bear”(ブレックファスト・ベア)という愛称で呼ばれるレストランチェーンがあるそうですが、それを題材にした習作と思われます。アメリカの朝食の定番である目玉焼きとクマを組み合わせたロゴマークです。黄身が破れて少し流れ出ていますが、その一筋のおかげでクマらしさと同時にとぼけた表情が生まれています。鼻を目玉焼きにするというアイデアだけにとどまらずに、仕上げまで気を抜かなかった好例だと思います。

     

    レトロなマイクが印象的なロゴ

    こちらは”Koala Records”(コアラ・レコード)のロゴマークです。コアラの鼻がレトロなボーカルマイクのように見えます。マイクスタンドとのジョイント部とおぼしき部分がコアラの微笑む口もとのようにも見えますね。コアラの鼻は特徴的なので、マイク以外にも何かに見立てることができるかもしれません。携帯電話に見立てているテレビCMがあったように記憶しています。このロゴマークでは、コアラの特徴のひとつである大きな耳が描かれていません。このロゴマークとしてはシンプルでいいと思います。しかし、もし”koala”の文字がなくてもコアラに見えるかどうかは、アンケートをとって確認する必要があるかもしれませんね。

     

    鉛筆でもあり本でもあるロゴデザイン

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    このサンプルは、具体的に何かのためのロゴマークというわけではなく、キツネと本と鉛筆を組み合わせた習作です。開いたページがキツネの輪郭となっています。さらにキツネの鼻が鉛筆の先になっているので、キツネが鉛筆のようにも見えます。版画や切り絵を思わせるタッチのイラストです。なんとなくこの本は童話ではないだろうかと勝手に想像してしまいます。

     

    落語の三題噺のように、二つ、または三つの題材を掛け合わせて新しいロゴを作る試みが、InstagramやPinterestでは盛んにおこなわれています。発想力を鍛えるには、とてもいい訓練だと思います。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 動物の鼻がなんだか面白いロゴマーク -#254

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。