記事の詳細

筋力をテーマにしたロゴ作成例 -#253

  • 2018.05.31

  • 筋力をテーマにしたロゴ作成例

    筋肉は、ロゴシンボルになりやすいモチーフです。モリモリなら頼もしく、なければまた寂しいものです。筋肉は、時にひょうきんなイメージさえ持っています。 

     

    ビクトリーとフィットネスを表現したロゴ

    筋力をテーマにしたロゴ作成例1

    筋力は勝利の証しなのでしょうか。筋肉で victory の “ V “ の字をつくるロゴマークです。 “ V “ の字はシャープな形のアルファベットですが、 “ V “ の字に盛りあがった筋肉がついているので人間的ですね。アルファベットは表音文字で二つ以上つらなると意味を持ちます。この “ V “ は victory の頭文字としてシンボル化されたものです。すでに刷り込まれたイメージなので、シンボルとして意味を伝達できます。“ V “ の字に筋肉をつけることで視覚言語化し、さらにモノグラム化することで面白いロゴになっています。

     

    力こぶとナイト(騎士)のロゴ

    筋力をテーマにしたロゴ作成例2

    チェスでもナイトは、王をまもる騎士です。三銃士でご存知のとおり、武芸に秀で頼もしく強い王の従者です。このナイトと筋肉が多義図形化したのがこのロゴです。ルビンの壺のように、白抜きの筋肉を見るとナイトを認識することは難しく、ナイトを見ていると筋肉の腕は見えません。心理学の錯視を利用した楽しいロゴ作成例になっています。 

     

    健康はハートを射止めると言わんばかりのロゴ

    筋力をテーマにしたロゴ作成例3

    赤黒二色でシンボル化したロゴデザインは見ても楽しく、ハートでよりポップな感じになっています。ハートを射抜いたバーベルほど、一目でデザイナーの遊びとわかるものはありません。まさかバーベルでハートを射抜かれるはと思うでしょう。ジョークとも思える二つの組み合わせが、ロゴの楽しさ面白さをつります。バーベルは正面を向いていますが、ハートを見ると斜めに射抜かれています。ここでもルビンの壺と同類の錯視を使っていることがわかります。

     

    ロゴデザインでは、ルビンの壺に見られる多義図形化の遊びを多く目にします。デザイナーの遊び心がなければ、こうしたロゴも生み出すことはできません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 筋力をテーマにしたロゴ作成例 -#253

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。