記事の詳細

動きを遊びにつかうロゴのいろいろ -#249

  • 2018.05.31

  • 動きを遊びにつかうロゴのいろいろ

    ロゴデザインでは、さまざまな遊びを形に置き換えることができます。クライアントの希望・モチーフ・使用用途に、遊びを入れる機会があれば、このときこそ遊べるチャンスなのです。

     

    動きをイメージさせるロゴ

    動きを遊びにつかうロゴのいろいろ1

    デザイナーにとって日常用語のローディングも、日本語に直すとギクシャクします。すでに日本語として使われる外国語は山ほどあっても気づかず過ごしています。ロゴでは、コンピューターにローディングする機会は多く、ローディング中のマークは見慣れたもので、目にしただけで回っているようにさえ思えます。言葉の意味を、そして動きをイメージさせる記号をロゴに入れることで、遊び心のあるロゴに変身します。

     

    アッと転げて見上るロゴ

    動きを遊びにつかうロゴのいろいろ2

    動的遊び心をロゴにした例のひとつです。“FALL” は転げる、落ちる、降る、散るなどさまざまな意味で使われます。ここでは “ A ”が右に転げています。 “ A ” が右に倒れると下から見上げる目に見えます。 “ F ” の文字を見つめるように配置され、ロゴの面白さを作ります。 “ A ” の斜めの線と “ L ” の垂直線がつくる空間が、まぶたのようにも見えます。この空間の形が、より目のイメージをリアルなものにしています。

     

    こまやかに検索するロゴ

    動きを遊びにつかうロゴのいろいろ3

    ロゴに赤い虫眼鏡があるのがわかります。”SEARCH” はご存知のように探す、検索を意味し、コンピューター世代には日常の用語として使われています。虫眼鏡をみてくださいねと言わんばかりに赤くしています。さらによく見れば虫眼鏡が左右に動いていることに気づくでしょう。アニメ化され振り子のように左右に動き、レンズ部分に拡大されたものが映ります。面白さはともかく、アニメを使ったロゴは企業ロゴとして使用目的にも限りがあります。サイト上の使用目的なら目を引くこと間違いありません。

     

    動きを取り入れたロゴ、考えてみても良いかもしれません。使用用途を考えれば、デザイン的にもかなりキャッチーなものになること間違いありません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 動きを遊びにつかうロゴのいろいろ -#249

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。