記事の詳細

部分をピクトグラム化したロゴ作成例 -#247

  • 2018.05.29

  • 部分をピクトグラム化したロゴ

    絵の視覚言語をピクトグラム、ピクトグラフと言います。ロゴの一部をイメージ化することで、意味をわかりやすく視覚化することができます。この遊び心が記憶に残るものになります。 

     

    BAG のなかのバッグ

    部分をピクトグラム化したロゴデザイン1

    このロゴを採用するバッグ屋さんは、親しみやすいファミリー感覚のお店でしょう。年代層では20~30代で、価格レンジは1万5千以下というところでしょうか。 “A” の文字をトートバッグにつくり、ロゴタイプがゴシック系の均質な幅広文字が使われていることで家庭的にもみえます。文字がもっと高級感を感じる文字であったら、価格帯も高額なものになるかもしれません。字体、使用されたイメージの価格帯で、マーケティングにも影響を与えます。バッグが、もしトートバッグのブランドロゴだったら、ブランディングには最適に思えます。日常的に使用されるバッグなので、大衆的であることは必須だからです。

     

    聴診器で身体をみてくれるDoctor ロゴ

    部分をピクトグラム化したロゴデザイン2

    問診は、医者によって見る、聞く、触れるを通し患者を診断するものです。「見る」という語は、視覚にかぎらず「完成を見る」など「実現」を表す意味でも使われます。また「診る」「看る」とも書き、診察、診断、看取る意味でも使われます。ここでは聴診器をつかいドクターの病気に対する洞察力、職種としてのドクターをわかりやすく、また記憶に残る表現としてピクトグラム化しています。象形化することで診療の重いイメージを払拭しています。親しみやすく、さらに遊び心のあるオシャレ感のあるロゴになっています。

     

    地点を意味するPOINT に、位置をしめす指示棒があるロゴ

    部分をピクトグラム化したロゴデザイン3

    POINT をポイントで遊んでいるロゴ作成例です。位置を示す POINT に、より明確にそれはこの位置ですよと指示棒で示しています。示された場所がどこを示すのかわかりません。そのわからないところをあえて示しているところに、このロゴの面白さがあります。指示棒を描くことによって、精密性、正確性などを感じ、企業の物事に対する真摯的姿勢も感じさせています。シンプルでわかりやすく、面白さもあるロゴになっています。

     

    一部をピクトグラム化した三つのロゴを見てきました。ピクトグラム化には単純な表現、複雑な表現、大衆的表現などさまざまです。ロゴ制作コンセプトをどのように視覚化するによって、表現方法も異なるものなのです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 部分をピクトグラム化したロゴ作成例 -#247

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。