記事の詳細

1文字をイラストと入れ換えるというロゴデザイン手法 -#234

  • 2018.05.26

  • 1文字をイラストと入れ換えるというロゴ制作手法

    カフェのロゴの一部にコーヒー豆が使われていたりしているのは、日々よく目にしますね。それと同じ考え方です。ロゴデザインの定石のひとつといっていいでしょう。また、広告のキャッチなどでも見かけることがあります。

     

    まさにそのものを置いてみる

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    ペンギンの英語”PENGUIN”の「I」の場所にペンギンが立っています。この手法では、イラストをどの文字と入れ換えるか、という判断が必要になります。ペンギンの姿から、直感的に「I」がいいだろうとわかりますが、それぞれの文字と入れ換えた全パターンを作って、どれが最も”PENGUIN”と読めるか確かめるのがいいかもしれません。このロゴサンプルには、仕上げ段階の着目すべきポイントが二つあります。ひとつは、ペンギンのおなかが「U」に少しかかっている点です。「U」が全部見えているとペンギンの姿が認識しにくいでしょう。もうひとつのポイントは、「U」と「N」の間隔です。ペンギンのために「I」があった時よりも離れています。

     

    なんとなく文字に見える玉子とチーズのロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    目玉焼きの白身の一部が少し別れて「e」に見えます。また、ホールの一部が欠けているチーズはなんとなく「C」に見えます。目玉焼きの方は「G」が大文字なので、白身は「E」に見えないでもないですが、フォルムを決めるにあたっての苦労が感じられます。イラストと馴染むように、「GG」「HEESE」は柔らかく立体的にみえるような処理がされています。

     

    少し文字っぽさが残っている落花生のロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    前項の玉子とチーズのロゴでは、イラストに寄せて文字が加工されているのに対して、このサンプルの落花生は文字の方に寄せて描かれています。落花生の英語は”peanut”ですが、この「ea」の2文字が落花生のイラストになっています。よく見ると、落花生の輪郭に「e」と「a」の一部が残っていることがわかります。文字を落花生に置き換えたというよりも、文字が落花生に変身した、という感じですね。

     

    今回のロゴ制作例はすべて単語の意味と同じモノのイラストを組み合わせています。社名やブランド名のロゴでこの手法を使う場合は、事業内容やコンセプトを象徴するモノは何かを探る必要があります。ユーモアや親しみやすさが欲しい時は試してみてはいかがでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 1文字をイラストと入れ換えるというロゴデザイン手法 -#234

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。