記事の詳細

アルファベットの組み合わせ方の例(モノグラム) -#232

  • 2018.05.23

  • アルファベットの組み合わせ方の例(モノグラム)

    名前の頭文字などを二つ以上組み合わせてシンボル化したものを「モノグラム」といいます。「L」と「V」を組み合わせたファッションブランドや、「V」と「W」を円に入れた自動車メーカーのロゴマークなどが有名ですね。今回はアルファベットの組み合わせ方のパターンを3つご紹介します。

     

    重ねて部分を共用するロゴデザイン

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    「K」と「D」が重なっています。ふたつの文字のタテの棒(ステム)は共用されています。「K」の斜めの部分が「D」の弧の手前にあります。だからといって、完全に「K」が上に重なって見えるのではなく、共用されているタテの棒のおかげで一体感があります。アウトラインの線が太いので、小さくしても視認性が保たれていますし、エンブレムなど立体的な物体にもスムーズに展開できるでしょう。「D」の弧を手前にした場合にも同様の一体感やバランスが得られるかは、実際に試してみなければわかりません。

     

    ネガティブスペースでもう一方の文字を示したロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    「AI」といえば、人工知能を思い浮かべますが、このサンプルは人名のイニシャルだそうです。縦に長いアーチ型の黒いスペースを小文字の「i」で白く抜くことで、黒い部分が大文字「A」に見えます。実はこのサンプルは、通常のネガティブスペースの使い方とは少し違っています。白いスペースに黒で何かを描いた場合は、何も描かれていない白地部分がネガティブスペースとなります。今回の例では、白地の中にあらかじめ黒い小さなスペースを設けて、そこに白で「i」を描いていますので、黒い部分がネガティブスペースとなって「A」のフォルムを出現させているのです。

     

    見えない線を利用したロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    「CK」のモノグラムです。「C」は真円の左半分のような形です。末端が垂直になっているので、そこに「見えない線」が生まれています。それを「K」の縦線として使うという手法です。このロゴマークの線は、すべて円の一部(弧)で構成されています。前出の「Ai」とともにミニマルデザインのサンプルとも言えます。

     

    今回はアルファベットをモノグラム化することで、文字ベースのロゴマークを作る方法をいくつかご紹介しました。アルファベットを立体化してロゴマークにするなどの手法とは別のアプローチですので、覚えておくとアイデアのバリエーションが広がるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. アルファベットの組み合わせ方の例(モノグラム) -#232

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。