記事の詳細

数字を使ったロゴデザインのいろいろ -#226

  • 2018.05.18

  • 数字を使ったロゴデザインのいろいろ

    古代エジプト時代数は絵文字で表現されており、我々が使う数字はアラビアで生まれたものです。表意文字から表音文字になったことで、アルファベットと同じく記号として使われるようになりました。記号は意味を持たないのでロゴデザインには適しており、デザイン、アートによく使われるものです。 

     

    円を基調に立体化したロゴデザイン

    数字を使ったロゴデザイン1

    古代ギリシャ時代、数字は意味をもっていました。現在2といっても意味を持ちません。それゆえ記号をどのようにしたらキャッチーになるか、また視覚的意味を付加できるかが問題になります。このロゴデザインでは、数字を遊ぶことで視覚的にもおもしろさをだそうとしています。2の曲がる部分を立体的にねじることで、単純な数字に複雑なイメージを付加しています。この複雑化が人の目に面白さを伝えることで、記号以上の意味を作っています。

     

    数字ロゴを立体化するデザインプロセス

    数字を使ったロゴデザイン2

    数字を平面上で分解しています。数字を構造化することで可能になります。構造化できれば分解は可能ですね。分解したものを分化し彩色していきます。中段のロゴデザインは薄い彩色で明暗の状態の確認がわかります。確認ができたら、彩度、明度、色合いを調整して最終的なロゴにしています。最終案では数字が立体化したことで、0の真ん中をより立体化することで、404の立体文字をより面白いものにしています。

     

    立体文字と平面を組み合わせたロゴデザイン

    数字を使ったロゴデザイン3

    数字は前述したように構造化したものを新たに組み立て、階調を使って立体化しています。今まで単色によるグラデーションですが、ここでは色環の階調を上手に使います。青→緑→オレンジ を数字の5に使用し、0 には、赤→オレンジを使い、二つに明暗の違いを色のつなぎに加えることで、字体の流れを作ります。一見すると自然に見えますが、色数は無限大です。こうして立体化、言い換えると空間性を視覚化しています。この空間に平面性を持ち込むことで、人目をひくロゴデザインに仕立てているのです。異なるものを対峙させ、上手に一体化させると強い視覚性を得られるのです。

     

    ロゴデザインを立体的に見せるには、光と影が必要です。自然が生みだす色の階調を、頭で想像しながら本物のように作る。そこに遊び心がやさしく入っていると見る人にも伝わります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. 数字を使ったロゴデザインのいろいろ -#226

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    関連サイト

    ■ ASOBO DESIGN - チラシ・ポスター作成依頼

    ■ PACK LABO - パッケージ・ラベル制作依頼

    powered by 広告制作事務所AMIX

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。