記事の詳細

蜂を使ったロゴデザイン作成例の紹介 -#216

  • 2018.05.16

  • 蜂を使ったロゴの紹介

    イメージを利用しロゴを制作するデザインを取り上げます。六角形、黄色と黒のストライブ、花など、「蜂」のテーマには欠かせません。蜂蜜を表現するとき、蜂そのものを描かなくともデザインは可能です。組み合わせやデザイン・アイディアで蜂も表現できます。デザイナーとして記憶に残る形、組み合わせを見つけることもロゴ制作には必要です。

     

    ハニカムの中の蜂を描いたロゴデザイン作成例

    蜂を使ったロゴデザイン作成例1

    本来蜂がハニカムの中にいるのは幼虫のときです。このロゴでは蜂がハニカムを背負っています。実際に背負うことはありませんが、蜂が蜜を花から運ぶイメージをつくっています。ハニカムに詰まった蜂蜜が、食卓に運ぶイメージも感じます。さらに垂れている一滴の蜂蜜下部に白抜きがあります。この白抜きが全体のアクセントを作り蜜の照りを表現します。ハニカムの中に白抜き部分を入れることで、蜜の詰まったイメージ、さらに視覚的軽さを作ります。絵画のような重厚さは、ラベルデザインに必要ありません。軽快な視認性が求められるものなのです。

     

    花の中の蜂を描いたロゴデザイン作成例

    蜂を使ったロゴデザイン作成例2

    このロゴデザインは六角形を基調にしています。花の形態がもつ幾何学性を視覚化したものです。蜂は黄金分割の美しいものほど群がると言います。その習性をこのロゴは利用しています。花びら部分を蜂に見立てることで、花の蜜をとるイメージをより具体化します。全体を見れば花で、部分を見れば蜂がいる。このデザインにも全体は部分で構成されるが、部分を見ると全体を把握することができない、ゲシュタルト心理学が利用されています。この見立てがデザインの面白さを作り出します。

     

    ハニーディッパーと蜂のロゴデザイン作成例

    蜂を使ったロゴデザイン作成例3

    ハニーディッパーとは、蜂蜜をすくう丸いヒダのついた棒のことです。このディッパーを思い起こさせる形と、蜂と飛ぶ軌跡を重ねたイメージから、蜂蜜に関するロゴだとわかります。この軌跡に黄色を使用しているので、背景色の多様性は限定されますが、最も軌跡が美しく見えるのは黒色で間違いありません。ハニーディッパーは何もないのに形をイメージさせ、蜂と軌跡と見えないディッパーと黄色と黒色で、蜂蜜のイメージをつくっています。複数のイメージを使ってこのロゴデザインはできています。

     

    蜂を使ったロゴでも、一つ一つを見てみると表現テーマが異なることがわかります。そのテーマによって表現方法も異なります。どの方法を使うかベストというものはありません。ですのでクライアントのイメージを上手くつかみとることが大事になります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. 蜂を使ったロゴデザイン作成例の紹介 -#216

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。