記事の詳細

動物を表現したロゴ作成例の紹介 -#215

  • 2018.05.16

  • 動物を表現したロゴの紹介

    認知度を高めるのに動物を使う表現は、いつの日でも受け入れやすいものです。また記憶に残しやすいものでもあります。ここでは「いぬ」「きつね」「とり」の三つを見てみましょう。

     

    ハッチング技法を使用した犬のロゴ作成例

    動物を表現したロゴ作成例1

    通称インレタと呼ばれる貼るインスタントレタリングのラインを重ねて作られたものです。この方法は、絵画技法のハッチングを利用したものです。線を重ねることで色合いを濃くする技法で、線だけで面を使わないで形を表現する方法です。犬を描こうとするのではなく、犬に見えるように制作したロゴデザインです。

     

    面取りのきつねロゴデザイン

    動物を表現したロゴ作成例2

    幾何学的に作られたきつねのロゴマークです。四辺形を元にふたつの五面体を組み合わせてきつねを作っています。オレンジ色の濃淡の6色を使い面取りのような立体物に見せています。実際には、きつねを立体的に作ったものではないことがわかります。本来であれば目の部分から耳にかけても、立体的形状が異なるからです。そこがこのロゴデザインの狙いどころです。一見きつねに見えてきつねではないのに、全体でやはりきつねを想像させる。見る側にはディテールよりも全体を把握する心理が働きます。これはゲシュタルト(形態)心理学のデザイン的応用です。小さな写真で大きなイメージを作る。これがゲシュタルトです。こうした遊びを人は喜ぶものです。

     

    王冠をつけた鳥のロゴデザイン

    動物を表現したロゴ作成例3

    通常、王室に関係する鳥は鷲などです。この鳥を見ていると鷲にも見えますが、可愛さの残る鳥のようにも見えます。鷲は筋肉があるのに、この鳥はペッタンコですね。この折り曲がった形がある種のひょうきんさを作ります。高貴さ、威厳も感じますがマガジンラックのような形態が、我々の記憶のなかに侵入します。そこがこのロゴの狙いだと思います。イメージを重たくせずに軽やかなイメージにする。尾と目の部分が白抜きになっていることも見逃せません。二つの要素が視覚的軽さを出しているからです。重たいテーマを軽いイメージに仕上げることもデザインの技と言えます。

     

    三つの動物をテーマにしたロゴを見てきました。空間的、立体的、平面的とさまざまです。ロゴ制作をどのような計画ですすめるかも考えてはいかがですか。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 動物を表現したロゴ作成例の紹介 -#215

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。