記事の詳細

ギターをモチーフにしたロゴデザイン例 -#209

  • 2018.05.13

  • ギターをモチーフにしたロゴデザイン例

    さまざまな音楽に使われていることから、ピアノやハープなどと並んで、ギターはそれだけで音楽を象徴するモチーフとしてしばしば用いられます。ロゴデザインにギターが使われているのを見るだけで、多くの人は、音楽関連の会社であったり、音楽が聴ける場所であることを想像するでしょう。また、クラシック音楽ではなく、カントリーやロックなど、特定の音楽ジャンルを表す記号としても有効です。そんなギターをモチーフにしたロゴデザインを集めました。

     

    食事しながら音楽が聴けることをギターで表したロゴデザイン

    ギターをモチーフにしたロゴデザイン例1

    大きなギターに加えて、皿とカトラリーがあしらわれていて、「魂にも食事を(Feed Your Soul)」と も付け加えられていることから、音楽を聴きながら食事が楽しめるレストランであろうことが想像できます。よく見ると、ギターの先端がカクテルグラスを表しています。間接的ながら、意味するところをきちんと伝えられる統一感のあるロゴデザインです。

     

    控えめながらきちんとギターが主張しているロゴデザイン

    ギターをモチーフにしたロゴデザイン例2

    ギターをカスタマイズするアトリエのロゴデザインです。主宰者の名前を屋号にしているようで、大きく中央にタイポグラフィーを配置し、強調しています。ギターのアイコンはどちらかというと脇役で、半身しか描かれていませんが、一目でギターだとわかるようにデフォルメされています。

     

    職人とギターをあしらったロゴデザイン

    ギターをモチーフにしたロゴデザイン例3

    職人らしき男性が肩に担いでいるのはアコースティックギター。フォークミュージックを専門に取り扱う音楽レーベルのロゴデザインです。一見、工房の広告と混同されそうなのでは?と思わせますが、「Balladry」が、詩を語ること、語るような曲調の詩のことを意味するので、ネイティブの人ならそのような間違いはしないでしょう。

     

    ピアノがクラシックやジャズを真っ先に連想させるように、ギターはロックやフォーク、カントリーといった軽音楽を思い起こさせます。商品やサービスの内容を正しく伝えてくれる、便利なモチーフといえそうです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. ギターをモチーフにしたロゴデザイン例 -#209

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    関連サイト

    ■ ASOBO DESIGN - チラシ・ポスター作成依頼

    ■ PACK LABO - パッケージ・ラベル制作依頼

    powered by 広告制作事務所AMIX

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。