記事の詳細

ガイコツをモチーフにしたロゴデザイン例 -#205

  • 2018.04.30

  • ガイコツをモチーフにしたロゴデザイン例

    ガイコツというと「死」を意味するものとして忌み嫌われる一方、死してもなお、生きているということで、それとはまるで逆の「不死」あるいは「絶対的な強さ」を意味する記号として多用されます。ちょっと恐ろしいけど、その恐ろしさにこそ魅力があるガイコツをモチーフにしたロゴデザインを集めました。

     

    骨をブラシに見立てたロゴデザイン

    骨をブラシに見立てたロゴ

    ガイコツのモチーフで一番見慣れているものはといえば、海賊船の旗などで、頭蓋骨とクロスさせた細長い骨を組み合わせたモチーフではないでしょうか。こちらはそんなステレオタイプを応用したデザイン。絵を描くためのブラシをクロスさせていて、しかもそのうちの一本を口にくわえていて、絵を描くことに関連の仕事であることを一目で教えてくれます。チェコ共和国の首都、プラハに拠点をおくミニチュアをペイントするスタジオのロゴデザインだというから、納得。

     

    音楽とガイコツを融合?したロゴデザイン

    音楽とガイコツのロゴデザイン
    一見、ただガイコツをデフォルメしたようにも見えますが、よく見ると、口の部分が白鍵と黒鍵から成る鍵盤、目の部分が八分音符になっています。タイポグラフィーがなくても、音楽関連会社のロゴだとわかるようになっています。ガイコツというとモノトーンが基本。ピアノや五線譜もモノトーンが基本。ありそうでなかったロゴデザインと言えそう。

     

    ガイコツで商品に注意を喚起するロゴデザイン

    ガイコツで商品に注意を喚起するロゴ

    体に入るものにドクロマークをつける例としては、タバコや激辛ソースがすぐに頭に思い浮かびます。前者は、体にとって毒であること、後者は最大級に辛いことを喚起する記号として使われています。頭蓋骨の下に麦をクロスさせているところからして、ビールのロゴらしい…。どんなビールなのか、ビール好きでなくても気になります。

     

    従来、ネガティブなイメージが強かったガイコツのモチーフですが、アクセサリーなどにも取り入れられるなどあまり抵抗感なく受け入れられているフシもありますよね。デザイン次第では、ロゴデザインとして高い効果が期待されます。取り扱う商品やサービスによっては検討してもいいかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ガイコツをモチーフにしたロゴデザイン例 -#205

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。