記事の詳細

オモチャ風のロゴデザイン製作例 -#198

  • 2018.04.22

  • オモチャ風のロゴデザイン製作例

    子どもの目にとまりやすい明るくカラフルな色づきいと、ワクワクするようなフォルム。オモチャのようなデザインは、大人にとってもポジティブ、エネルギッシュなどプラスの印象を与えてくれるものです。オモチャ屋さんに並んでいそうなデザインをピックアップしました。

     

    スケートボードのロゴデザイン製作例

    Shiva Samratさん(@iamshivaaay)がシェアした投稿

    ビビットなイエローのボディに、レッドのタイヤがにぎやかな印象のスケートボード。ミニカーのように走らせることができるオモチャを思わせます。タイヤの心棒が「K」と「D」の文字と同化しているのがアクセント。ボード面が広いので、長めの企業ロゴでもすんなり収まりそうです。カラーバリエーションをたくさん用意するのも、ロゴの可能性が広がります。

     

    トイガンのロゴデザイン製作例

    Tribhuvan Sutharさん(@tribhuvansuthar)がシェアした投稿

    トリガーを引いたら音が鳴ったり光ったり、セリフが流れたりと、さまざまなギミックが搭載されていそうなトイガン。宇宙モノや戦隊モノに登場する武器のようですね。こちらもイエロー、レッド、ブルーを使って明るくカラフルに。オモチャっぽさはありつつも、ディテールがよく描きこまれているので、チープな印象にはなっていません。

     

    潜水艦のロゴデザイン製作例

    DESIGN BEASTさん(@design.beast)がシェアした投稿

    波しぶきの描かれた「SEA」に、カラフルなサンゴと海藻、ゼンマイを巻いたら動き出しそうな、ずんぐりとした黄色い潜水艦。幼児のオモチャ箱をそのままロゴにしたような、にぎやかな印象のデザインです。

     

    原色同士をぶつける配色は、ハイライトを描いたり空間をうまく使って、「抜け感」を取り込まないと窮屈な印象になってしまうこともあります。それぞれの色がケンカをしないよう、バランスをとりながら配色してくのがコツ。にぎやかで、なおかつ視認性に優れた構図にすることが大切です。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. オモチャ風のロゴデザイン製作例 -#198

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。