記事の詳細

ワゴン・カートを記号化したロゴデザイン作成例 -#191

  • 2018.04.13

  • ワゴン・カートを記号化したロゴデザインオフィス街や住宅街をまわり、手軽なランチやおやつを提供してくれるフードワゴン。フェスやイベント時に出店されることも多く、日本でもすっかりおなじみの存在になりました。その簡易版ともいえるのが食べ物を販売するカート(手押し車)です。国内ではあまり見かけませんが、洋画ではオフィス街でも小さなカートでホットドックを売るシーンがたびたび登場します。また、南米やアジアでは、水分補給の強い味方であるココナツやクーラーボックスに入ったジュースを売るカートも。今回は3つのカートをモチーフにしたロゴデザインを紹介します。

     

    ローストピーナッツを売るカートのロゴデザイン

    PENINSULA STUDIOZさん(@peninsulastudioz)がシェアした投稿

    焙煎した香ばしいピーナッツは、おやつに、そしてつまみにと庶民にとって親しみやすいスナック。簡略化されていても、左側に焙煎用の鍋が、右側にピーナッツが山と盛られているのが分かります。2枚目に、ロゴ単体だけの写真も投稿されています。

     

    揚げ菓子パーニープーリーを売るカートのロゴデザイン

    PENINSULA STUDIOZさん(@peninsulastudioz)がシェアした投稿

    インドでポピュラーな揚げ菓子、パーニープーリーを売るカートとのこと。四角いショーケースと右側に置かれたはかりが特徴です。ポテトフライやスナック、チキンの唐揚げなど量り売りしやすいほかの食べ物にも応用できそうなロゴデザインですね。

     

    アイスクリームを売るカートのロゴ作成例

    PENINSULA STUDIOZさん(@peninsulastudioz)がシェアした投稿

    日よけのカサと大きな冷凍庫が描かれた、アイスクリームを売るカート。黒い部分は、アイスが溶けないようにと外気をシャットアウトする重いスライド式の引き戸でしょうか。こちらは万国共通で認識されやすそうなロゴデザインです。

     

    日本では馴染みの薄いカート販売ですが、潮干狩りや海水浴、スケートリンクといった場所では出会うこともあるかもしれません。駄菓子売りカートなども楽しそうですね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ワゴン・カートを記号化したロゴデザイン作成例 -#191

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。