記事の詳細

文字を主体としたロゴ制作のヒント[ 1 ] -#188

  • 2018.04.13

  • 文字を主体としたロゴ制作のヒント[ 1 ]

    ロゴマークの制作をする場合、クライアントの思いやブランドのメッセージをいろんな方向から検討します。重要なポイントの一つは「ロゴ(マーク)として認知されやすい」。文字は既知の造形ですので理解しやすいことは間違いありません。

     

    重厚感の中にも知性と爽やかさを感じるロゴデザイン

    アルファベットの「B」をモチーフとしたロゴデザイン

    こちらは見ての通り、アルファベットの「B」をモチーフとしたロゴです。セリフがついているかなり太い書体です。男性的であり重厚感・存在感があるイメージです。よく見ると中にはカラフルな色合いで「R」が隠れています。 配色に目を向けると、黒色の中に、少し彩度と明度が高い「オレンジ色」「赤色」「水色」が用いられています。同系色+補色の組み合わせが、どっしりと無骨な黒色にシャープで爽やかな風をプラスしているようです。 細いライン等がないので、写真の上に載せても、イラストの上に載せてもみやすく、シンプルなヴィジュアルにも映える優れたロゴデザインといえるでしょう。

     

    文字とポイントになる図形を組み合わせたロゴデザイン

    アルファベットの「S」を扱ったロゴデザイン

    こちらのロゴはサーモンピンク1色にアルファベットの「S」を扱ったロゴです。書体はサンセリフの太め。シンプルでどんなものとも順応するロゴです。ブランドメッセージのキーとなる図形と組み合わせており、とてもおしゃれなイメージです。配色は1色なのでどんな背景にも負けない存在感。さらに印刷に利用する際は色数を抑えローコスト制作も可能になります。シンプルですが熟孝されたロゴではないでしょうか。

     

    2つの文字を主体としたロゴ(マーク)をご覧いただきました。あまりにも単純すぎるとインパクトを感じられず、複雑すぎると一瞬では認知されにくい造形となる危険性があります。ブランド名、ブランドメッセージ、などモチーフとなる文字は必ず見つかると思いますので、アイデアのアプローチの1つとして検討してみるのはいかがでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 文字を主体としたロゴ制作のヒント[ 1 ] -#188

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。