記事の詳細

ウサギをモチーフにしたロゴデザイン例 -#187

  • 2018.04.10

  • ウサギをモチーフにしたロゴデザイン例

    ウサギというと、可愛いことが取り柄のイメージがあります。食物連鎖のなかでは下の方に位置していて強いわけでもありません。そんなか弱い生物をロゴデザインに採用しないのでは?と思ってしまいますが、決してそうではありません。ウサギをモチーフにしたロゴデザインを特集します。

     

    ウサギの耳をハサミに見立てたロゴデザイン

    ウサギの耳をハサミに見立てたロゴ

    ウサギを最も特徴づけている部位といえば、耳。このロゴではハサミの先端部分をウサギの耳に見立てていて、柄の部分からウサギが目をのぞかせています。猫にしても犬にしても、多くの動物はデフォルメすると、目や鼻、口はほとんど同じ形になりますよね。このロゴでも、ハサミを取り除くとどんな動物かわからなくなってしまいます。ハサミと顔、どちらが欠けてもウサギにはならないというわけです。タイポグラフィーを円状に配置することで、ウサギの丸みを帯びたボディを表現している点も良いですね。

     

    アルファベットの一部をウサギの目に見立てたロゴデザイン

    アルファベットの一部をウサギの目に見立てたロゴ

    「i」や「j」の上に付いている“点”には、「スーパースクリプトドット」という名前があります。運よくというべきか、この点が二つ続いたのをうまく利用して動物の目に見立てています。耳をつければウサギの完成。どんな動物にも目はありますが、耳をつけるだけでその動物であることを示せるのは、ウサギぐらいのものです。

     

    ウサギの全身にアルファベットを配置したロゴデザイン例

    ウサギの全身にアルファベットを配置したロゴ

    ウサギの全身にアルファベットを配置したロゴデザインです。野生のウサギは天敵に囲まれて暮らしているため、飼いならさらたペットのウサギよりも遥かに足が速いのです。そんなワイルドな野生動物をモチーフとしているだけに、なかなか躍動感のあるロゴデザインに仕上がっています。

     

    動物は皆そうですが、なかでもウサギは愛らしい動物といえるでしょう。ペットとしても人気があり、ウサギに特別な愛情を持っている人も多いはずです。しかし、人気のある動物をモチーフに使えば良いロゴになるかといえば、もちろんそんなことはありません。それぞれの身体的な特徴をどう活用するかはデザイナーの腕次第です。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ウサギをモチーフにしたロゴデザイン例 -#187

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。