記事の詳細

民族衣装をモデルにしたロゴデザイン作成例 -#177

  • 2018.04.05

  • 民族衣装のロゴデザイン

    世界には、数え切れない程のオリジナルの民族衣装があります。日本の民族衣装は着物ですが、今回は、別の国の3つの民族衣装をモチーフにしたロゴデザインをご紹介します。

     

    メキシコの民族衣装がモチーフのロゴデザイン

    Sergey Eさん(@chu_duck)がシェアした投稿

    メキシコは、カラフルな色使いが特徴。ピンクやオレンジといった派手な色をうまく組み合わせて、太陽の下に映える装いをしています。男性のトレードマークはなんといっても大きなソンブレロ。ポンチョをかぶってヒゲをたくわえ、全体的にエネルギッシュな印象です。女性は髪に飾った花と大きなイヤリングで、民族色を演出。カラフルな衣装に美しい黒髪がよく似合います。

     

    スコットランドの民族衣装をモチーフにしたロゴデザイン

    Sergey Eさん(@chu_duck)がシェアした投稿

    スコットランドといえばキルト。男性も女性も赤いチェックのキルトでおそろいのコーディネートを見せています。スコットランドの民族衣装は、男性もスカート状のキルトを巻くのが正装で、さらにいえば下着をはかないのがもっとも正式な形なのだとか。今でも、観光地だけでなく、議会などでキルト姿が見受けられるそうです。

     

    サウジアラビアの民族衣装をモチーフにしたロゴデザイン

    Sergey Eさん(@chu_duck)がシェアした投稿


    世界的な石油産出国として有名なサウジアラビア。男性はトーブという白い布をまとい、赤いチェック柄の布を頭に巻いたスタイルです。女性は、肌を見せないようアバーヤと呼ばれる黒い布で頭からつま先まで、全身を覆います。女性の場合は宗教上の理由もありますが、このスタイルは、酷暑のサウジでその暑さから身を守るためのものでもあります。とはいえ、布しか身につけないのではなく、男性も女性も、この下はシャツやドレスなど現代的な衣装を身につけているそうです。

     

    歴史と伝統が興味深い民族衣装の世界。簡略化されたロゴデザインからも、しっかりと特徴と魅力が伝わってきます。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 民族衣装をモデルにしたロゴデザイン作成例 -#177

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。