記事の詳細

ヌードルモチーフのロゴデザイン制作例 -#172

  • 2018.03.30

  • ヌードルモチーフのロゴデザイン

    そばにうどん、ラーメン、パスタ、フォーなど、世界では、さまざまな麺料理が食されています。海外のジャパニーズレストランでは、箸でそばやうどんを食べる人も多く見受けられ、国外のロゴデザインに箸が登場することも珍しくありません。今回は、全世界の人が大好きなヌードルをモチーフにしたロゴデザインを紹介します。

     

    インドネシアのヌードルを描いたロゴデザイン

    「BAKMI(バクミ)」は、インドネシア語で「麺」という意味。箸で持ち上げられた細い麺から立ち上るいい匂いをあらわしているような星が、アクセントになっています。麺と下部のロゴが一筆書きのようにつながっているのも面白いですね。

     

    丼に入ったヌードルを描いたロゴデザイン

    空港や多国籍企業でも、「食事」を意味しているとすぐに理解してもらえそうなロゴです。丼に入ったうどんのような太い麺は、箸に持ち上げられて今まさに食べられようとしているところ。モノクロではありますが、麺つゆや出汁の匂いが立ち上ってきそうなのは、日本人ならではの見方かもしれません。

     

    箸に巻きつけられたヌードルのデザイン

    ご紹介した3つのロゴのうち、もっとも抽象的な表現といえるのが、このロゴではないでしょうか。文化圏の違う人が見たら、食事に関連したロゴだとは気づかないかもしれません。このロゴを構成しているのは「線」、ただそれだけです。均一な太さの黒い「線」が箸を形どり、麺を構成しています。そう考えると、そこはかとなく禅的な香りが漂います。

     

    麺は全世界共通の食品でも、付随するイメージはオリーブオイルの香りや出汁の香り、香辛料やハーブなど、国によってさまざまでしょう。そうした違いを乗り越えたロゴこそ、食のユニバーサルデザインといえるのかもしれません。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ヌードルモチーフのロゴデザイン制作例 -#172

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。