記事の詳細

タバコモチーフのロゴデザイン制作例 -#169

  • 2018.03.29

  • タバコモチーフのロゴデザイン

    健康への害と依存性の高さが指摘されているタバコ。海外では、映画やアニメでタバコを吸うシーンがカットされたり、バーやレストランが全面禁煙になったりと、愛煙家への厳しい措置がとられています。とはいえ、紫煙をくゆらす姿やライターで火をつける仕草は、独特のロマンを感じさせるもの。今回は、そんなタバコモチーフのロゴデザインをまとめました。

     

    Adobeをタバコであらわしたロゴデザインその1

    Stuart Mooreさん(@stugraphics)がシェアした投稿

    「Adobe(アドビ)」は、PDFを使うためのソフトウェアです。世界中でPDFの作成や表示ができるのは、アドビのおかげ。ペーパーレス社会の立役者といえる存在です。このロゴでは、タバコの一本一本に、「PostScript(PS)」、「Adobe Muse(Mu)」、「Animate」といったアドビのシステムをデザインしています。

     

    Adobeをタバコであらわしたロゴデザインその2

    1番目のロゴは、箱が開いた状態でしたが、こちらはパッケージが閉じられた状態をデザインしています。タバコは隠れていて見えませんが、その分「Adobe」の文字がくっきりと目立ちます。

     

    ラッキーストライクを彷彿とさせるロゴデザイン

    1871年に登場し、現在でも米国の代表的な銘柄といえる「ラッキーストライク」のパッケージデザインを模倣したものです。デザイナーを紹介するアカウント「@dribble」のためのロゴデザインとのこと。本家をもじった「LUCKY INVITE」の文字が小粋です。タバコはデフォルメして描き、マイルドな表現に。ツヤを描いてセロファンがかかっている様子まで再現しているのもポイントです。

     

    タバコの宣伝はゾーニングがかなりしっかりされていて、吸わない人は目にすることはあまりありません。そのため、かえってタバコモチーフのロゴデザインは新鮮にうつるのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. タバコモチーフのロゴデザイン制作例 -#169

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。