記事の詳細

“水鳥”をモチーフにしたロゴデザイン例 -#166

  • 2018.03.29

  • “水鳥”をモチーフにしたロゴデザイン例

    愛嬌のある出で立ちで人気のアヒルや、美しい立ち姿の白鳥。アヒルなら小学校で飼育されていますし、白鳥が公園の池で休んでいるのを見かけることも少なくありません。私たち人間にとって身近な動物であるだけに、水鳥たちはロゴデザインに好んで使われています。その一部をご紹介しましょう。

     

    スポーツチームのアイコン的な白鳥のロゴデザイン

    アイコン的な白鳥のロゴデザイン

    白鳥というとなんとなく優しいイメージがありますが、こちらはちょっと怒った感じの表情。カリグラフィーにも迫力があって、アイスホッケーなどスポーツチームのロゴっぽいデザインに仕上がっています。いつもおだやかに水面に浮いていて、「怒り」や「格闘」とはほど遠いイメージの白鳥ですが、意外な取り合わせが楽しめるのもロゴの醍醐味です。

     

    水鳥の穏やかな性格をうまく表現したロゴデザイン

    レストランのロゴデザイン

    「The Sitting Duck」という言葉には「騙されやすい人、無防備な人」という意味があります。日本語でも、ギャンブルなどでお金を巻き上げられる人のことを「カモ」と言ったりしますが、そんな水鳥の素朴で穏やかそうな性格をうまく表現したシンプルなロゴデザインです。ちなみにこれは、アメリカにあるレストランのロゴ。もちろん、お客さんたちがカモにされているわけではありません。

     

    水鳥をハンガーに見立てたロゴデザイン

    アパレルのロゴデザイン

    どんな家庭にもあって見慣れたハンガー。たしかに、言われて見ればハンガーの首の部分はアヒルの首に似ていないこともありません。これはそんなアヒルとハンガーのフォルムの近似性をうまくアイコンに落とし込んだロゴデザインです。「clothing」とあることから、アパレルメーカーのロゴのようですね。洋服と関連の深いアイテムと言えば、ハサミや糸巻き、針、ボタンなどいろいろありますが、あえて洋服そのものとは直接関係のなさそうなハンガーをアイコンに取り入れるあたりにセンスの良さを感じさせます。

     

    身近な動物をロゴデザインに取り入れるのは、見る人に親しみやすさを与える最も便利な方法の一つです。意外性を加えたり、他の物に見立てたりして、月並みな印象を回避することが求められます。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. “水鳥”をモチーフにしたロゴデザイン例 -#166

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。