記事の詳細

南アフリカにある2つのカフェのロゴデザインとブランディング事例

  • 2018.03.23

  • 南アフリカの首都ケープタウン。ヨーロッパからの開拓移民の前哨基地であったこの街は、さまざまな人種・文化がミックスされた独特の匂いをもっています。各国から訪れる観光客も非常に多く、活気に溢れ、熱い空気に満ち満ちています。

    南アフリカにある2つのカフェのロゴデザイン

    今回はそんなケープタウンから、フリーランスのグラフィックデザイナー Hanno van Zyl 氏が手掛けた2つのカフェのロゴデザインとブランディングを紹介します。私たち日本人が思い描きがちなイメージとは異なる、リアルな南アフリカのデザイン事例を、2つのカフェを通して見ていきましょう。 ※記事掲載はデザイナーの許諾を得ています。(Thank you, Hanno ! )


    アーティスティックなカフェ「The Aviary Café」

    小さなカフェレストラン

    ケープタウンのアート地区ウッドストックにある、コーヒーと料理を出す小さなカフェレストラン「The Aviary Café」。

    このカフェはアーティストであるEmma Nourseと彼女の父親がオーナーで、Emmaの作品と融合するように設計・プロデュースされて運営されています。

    カフェ内のアート作品

    Emmaの作風は自然をありのままの形で受け入れ、その美しさを生かすようにデザインされた作品が多く、そのスタイルはカフェのあちらこちらに見受けられます。 生と死、動と静。自然の摂理に逆らわず、あるがままを愛でる彼女の作品は、不均衡な自然の美しさを讃え、儚さをもって表現する独特なものです。

    カフェのメニュー写真

    また、彼女が好むものの一つに、クラシックで伝統的な英国のカフェスタイルがあります。この2つの相反するような要素を重ね合わせて生まれたのが、この「The Aviary Café」。 植物や動物が生きる自然の世界と、古き良き英国の香りが漂う不思議な場所なのです。

     

    「The Aviary Café」のロゴデザイン

    カフェのロゴタイプ

    このカフェのロゴタイプに選ばれた書体は、独特の抑揚や角度をもつ、古めかしいローマン書体。文字の端々にセリフと呼ばれるウロコのような装飾を持ち、このような書体はセリフフォントともいわれ、伝統や歴史・格式などを表現したい時によく使われます。 特にこのカフェのロゴに使われた書体は、斜めに走る線の強弱が特徴的で、まるで石板に彫ったかのような、緻密さと粗さの両方を兼ね備えています。

    カフェロゴの別バージョン1

    カフェのイニシャル「A」と「C」で構成したロゴパターン。2つの文字の真ん中にあるのは、鳥かごをイメージしたシンボルマークです。カフェの名前になっている「Aviary」は「鳥の檻」の意味。鳥かごといっても、Emmaのイメージする鳥かごは冷たい鉄でできたものではなく、やわらかなツタでできたような有機的な鳥かご。カフェに人々が集い、コーヒーや軽食をとりながら語らう様子は、鳥かごの中で宿り木に留まる鳥たちのような光景なのでしょうね。

    カフェロゴの別バージョン2

    同じイニシャルを使ったパターンでも、さまざまなスタイルのロゴデザインが考えられています。住所と同じ文字の大きさとフォントでまとめたデザインは、クラシックな要素よりもスタイリッシュな印象が優先し、シンプルでお洒落な空間をイメージさせます。

    カフェロゴの別バージョン3

    同様にサンセリフ体だけを使ったパターンです。店名の表記は外され住所のみになっていますが、印象的なシンボルマークのおかげでこのカフェのロゴデザインであることが一目でわかります。地域名とストリート名をアーチ状にすることで、エンブレムのような装飾に仕立てています。

    カフェロゴの別バージョン4

    最後のパターンは、シンボルマークとイニシャルのみのミニマルなロゴ。店内の装飾や、グッズなどへの刻印に適したパターンです。

     

    質感で店のコンセプトを語るショップカードデザイン

    カフェのショップカードデザイン カフェのショップカードデザイン表

    シンプルながら、シックで高級感を感じるショップカードです。ゴールドの箔押しと質感のある紙質がラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。 裏面のスタンプ欄のランダムな形の空欄が、自然を賛美するこのカフェのコンセプトを体現しているかのようですね。

    Food photography: Samantha Lowe


    多店舗展開する人気のカフェ「Yours Truly Café」

    人気カフェのブランドデザイン

    2010年にオープンしたケープタウンのカフェ「Yours Truly Café」。小さなコーヒーショップからはじまったこのカフェは、年々利用客が増え、今では市内に4店舗の支店を持つまでになりました。昼夜問わず客足が絶えないこの店は、飲食だけではなくイベントスペースとしてもよく利用され、個人法人問わず大小さまざまな催しが行われています。

    そして近年、ブランドファミリーのイメージ統合と、規模の大きくなった店舗にふさわしいビジュアルにイメージチェンジするため、カフェのリ・ブランディングが行われました。

     

    「Yours Truly Café」のビジュアル・アイデンティティ

    カフェのVIデザイン

    デザインに求められたのは、数あるブランドファミリーやサブブランドにも幅広く対応できる応用力のあるデザインであることと、印象に残るユニークなものであること。

    そのリクエストに応えるため、ビジュアル・アイデンティティに関するルールを決定しました。そのルールとは、たったの2つ。一つは、タイポグラフィはシンプルに、最小限に表現すること。もう一つは、黒と白のモノラインで表現すること。

    単純なルールでありながら、この2点を遵守することで、ビジュアルのトーンは見事に統一され、かつ、自由度の高いデザインも可能になりました。

     

    「Yours Truly Café」のロゴデザイン

    人気カフェのロゴデザイン制作例1

    ビジュアルイメージを決定づける2つのルールに従い、ロゴマークも新たにデザインされました。シンプルなタイポグラフィとモノライン。これらのルールの元、デザインされたロゴマークは、どれもスタイリッシュで都会的。洗練されたファッショナブルな印象を持たせます。

    人気カフェのロゴデザイン制作例2

    人気カフェのロゴデザイン制作例3

    イニシャルを組み合わせたパターンのロゴデザインや、クロスをモチーフにしてデザインしたロゴ、スクリプト体を使ったものや、タグラインを入れエンブレム調に仕上げたロゴなど、多数のパターンが制作されました。

    人気カフェのロゴデザイン制作例4 人気カフェのロゴデザイン制作例5

    サイン、ロゴタイプのデザインカフェのエンブレムのデザインこれらのロゴデザインパターンは、Tシャツや店内装飾・メンバーズカードや看板など、ブランドを構成するさまざまな用途のデザインに組み込まれ、ブランドを賑々しく飾っています。

    カフェのロゴデザイン適用例

    カフェのショップカード制作例 カフェのメニューデザイン ブランドロゴを用いたTシャツデザイン1 ブランドロゴを用いたTシャツデザイン2 ブランドロゴを用いたTシャツデザイン3

     

    ビジュアル・アイデンティティを軸にしたデザイン展開

    VIを軸にしたデザイン展開例1

    ロゴデザインの基本となったビジュアル・アイデンティティのルール。このルールを生かし、店内外を装飾するさまざまなデザインが制作されました。

    VIを軸にしたデザイン展開例2

    モノラインで描いた風景画をデザインしたワインのラベル。

    VIを軸にしたデザイン展開例3

    VIを軸にしたデザイン展開例4

    同じく、モノラインで描いたイラストを使用した、メニュー表や壁紙。

    コースターのデザイン サイネージのデザイン

    コースターやサイネージ。さりげない注意書きやメッセージなども、同様のビジュアル・アイデンティティで表現することで、他のデザインと統一を図っています。

    商品のラベルデザイン 案内のデザイン

    ブランドのビジュアル・アイデンティティというと、ロゴデザインを軸に多少のアレンジを加えながら、同じスタイルのデザインを繰り返し使用するというのが基本的な方法ですが、このカフェの場合はデザインの方法に関する決め事を作るだけで、広範囲に渡るデザインやアレンジを許容しています。このふり幅の広さが、カフェのデザイン表現の枠組みを一気に広げ、ユニークで斬新なスタイルを完成させたといえるのではないのでしょうか。

    Photography by: Ian Engelbrecht / Shopfitting by: JL joiners


    紹介した2つのカフェは、まったく個性の異なるカフェでしたが、自由度の高いデザインの方法や、カフェのコンセプトをビジュアルに上手く投影させるデザインテクニックは共通していたように思います。 同じロゴやデザインを繰り返しビジュアルに登場させることで、ブランドのイメージを印象付けていくというビジュアル戦略もありますが、ある一定のルールを決めてブランドのイメージを共有しつつ、さまざまなビジュアルを展開するというのも、非常に興味深いブランディングの手法の一つです。

    ブランディングを考える際、そのブランドの規模や店の特徴を踏まえ、ビジュアルのルールを作り、柔軟にデザインを展開していくというのも、効果的なブランディング戦略の一つなのではないのでしょうか。

    design : Hanno van Zyl ( South Africa )

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. 海外ロゴデザイナーの制作例紹介
    4. 南アフリカにある2つのカフェのロゴデザインとブランディング事例

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    関連サイト

    ■ ASOBO DESIGN - チラシ・ポスター作成依頼

    ■ PACK LABO - パッケージ・ラベル制作依頼

    powered by 広告制作事務所AMIX

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。