記事の詳細

意外な形容詞をつけた動物をあしらったロゴデザイン -#152

  • 2018.03.19

  • 意外な形容詞をつけた動物をあしらったロゴデザイン

     

    動物は企業の名前や屋号によく使われます。他者と差別化する最も手軽な方法が、本来であればありえない形容詞をつけることです。すると、ちょっとした驚きをともなった企業名に仕上がります。ユニークなアイコンデザインとともに事例を見ていきましょう。

     

    アウトソーシング企業向け?のロゴデザイン

    アウトソーシング企業向けロゴ

    猿は私たち日本人には愛すべき身近な動物ですが、西洋、特にキリスト教圏では悪徳の象徴と考えられることが少なくありません。つないで飼い慣らしておくべき対象として考えられているようです。そんな猿(monkey)に「hired(雇う・借りる)」という形容詞をつけるのも西洋ならではの発想と言えるかもしれません。アウトソーシングの企業のロゴに向いていると言えるでしょうか。

     

    ちょっと怖いネーミングの企業ロゴデザイン

    怖いネーミングの企業ロゴデザイン

    「DEAD RABBIT(死んだうさぎ)」だなんて、うさぎ好きの人が見ると怒ってしまいそうな屋号ですが、パーティーなどで使われる怖いマスクやコスチュームなどを作っている企業のロゴデザインです。二頭のうさぎの間にガイコツを挟み込んでいて、おどろおどろしくなり過ぎないデザインに仕上げているという意味では好感が持てます。インパクトという意味では「DEAD」に勝るものはないですね。

     

    関連性のない二つの用語を組み合わせた屋号に基づいたロゴデザイン

    屋号に基づいたロゴデザイン

    「Plastic whale」と不思議なネーミングですが、これは海に廃棄されたプラスチック製品を拾い集め、クジラなどの生態系を守ろうとしている団体のロゴです。「Plastic」も「whale」も、直接は関係ありませんが、どちらも事業に関係する用語。その二つを組み合わせたことで新鮮な印象を与えることに成功しています。まるでプラスチックで作られたようなクジラのデザインも素敵です。

     

    意外な形容詞をつけるだけで、見慣れた言葉が驚くほど新鮮に見違えることがあります。的を射たアイコンとともに使うことができれば、さらに生き生きとしたロゴデザインが生まれるはずです。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 意外な形容詞をつけた動物をあしらったロゴデザイン -#152

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。