記事の詳細

歴史的なイベントを表現したロゴデザイン(その1)-#146

  • 2018.03.17

  • 歴史的なイベントを表現したロゴデザインその1

    ロゴというと企業やウェブサービスの目印やマークといった印象がありますが、アートとしてのロゴデザインには今回ご紹介するようなものもあります。「The Half and Half」というアカウントからピックアップしてみました。

     

    ギターと注射針を組み合わせた1956年のロゴデザイン

    ギターのネック部分が注射針になっている、少しどきっとさせられるデザインです。これは、エルビス・プレスリーが1956年におこなった「公開ポリオ接種」をロゴ化したもの。米国CBS放送の人気番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演した際、リハーサル中にポリオ接種を受けたエピソードにちなんでいます。ポリオワクチンを周知させるためのこのパフォーマンスは、新聞でも大きく取り上げられ、結果として接種率が大きく向上したといわれています。

     

    ツタンカーメン王墓の発掘を描いた1922年のロゴデザイン

    1922年はツタンカーメンの墓の入り口が発見された年でした。20世紀最大の発見として、発掘に関わった人々が怪死を遂げる「王の呪い」も併せて報じられましたが、実際に連続怪死の事実はなく、一部の情報が拡大解釈されただけといわれています。 ロゴマークは、王の黄金のマスクを形取り、年号を入れたシンプルなもの。マスクの表情にロゴとしてのオリジナリティが感じられます。

     

    米国で最初の家禽ショーがおこなわれた1849年のロゴデザイン

    このまま切手になりそうなノスタルジックなデザインは、1849年11月にボストンで開かれた初の家禽ショーをイメージしたものとのこと。鳥のデザインだけでなく、背景部分やフレームも懐かしさ満点。古き良き時代を感じさせるロゴデザインです。

     

    大きな出来事を小さなロゴに集約させるためには、アイテム選びが重要です。どのロゴも、デザインの新たな可能性を見出せるヒントになるものばかりではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 歴史的なイベントを表現したロゴデザイン(その1)-#146

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。