記事の詳細

色彩の美しさを活かしたロゴデザイン-#145

  • 2018.03.16

  • 色彩の美しさを活かしたロゴデザイン

    ロゴデザインは、見る人に強いインパクトを与えて記憶に残すことが重要です。ロゴの形状やテキストのメッセージ性で注目させる以外にも、色彩鮮やかなカラーリングを効果的に活用することで、強烈な印象を残すことができます。

     

    カラフルな羽を持つ蝶々をモチーフにしたロゴデザイン


    はじめにご紹介する作品は、まるで花びらのような美しい羽を持った蝶々をあしらったロゴデザインです。線と面が交錯する部分を塗り分けるように配色することで、神秘的な雰囲気を演出しています。特に注目なのが線の描画にもグラデーションが使われているところでしょう。このおかげで四色のカラーリングが違和感なく融合され、今にも飛び立ちそうな存在感を与えています。こういった細部にも手を抜かないことが、高いクオリティのロゴデザインを生み出す秘訣と言えます。

     

    注目必至の躍動感あふれるロゴデザイン

    続いては、「Look UP!」というテキストに、元気よく立ち上がっているように見える人間を組み込んだロゴです。Look UPには、「見上げる」の他に「元気を出す」という意味がありますが、まさにそれを体現しているビジュアルです。文字の配置や曲線の使い方などにもさまざまなアイディアが見られますが、やはり見るべきはこのロゴのメッセージを強烈に決定づけている色彩の豊かさ。左を暖色、右を寒色とした色の遷移も細かな工夫といえるでしょう。

     

    原始的で大胆な配色を施したロゴデザイン

    最後にご紹介するのは、「BRAZIL」という文字の上にプリミティブでカラフルなアイコンを配置したロゴデザインです。ブラジルには言わずと知れた世界最大のアマゾン川があり、その流域には未踏の原始世界がまだ多く残っていると言われています。変種の鳥や木、原住民などを思わせるイラストが色彩たっぷりに描かれたこのデザインは、そのイメージを的確に伝えています。原色を多用した大胆な作品に見えますが、パーツの配置に緻密な計算が垣間見える見事なロゴデザインです。

     

    ユニバーサルデザインの世界では、赤色で危険性を伝えるような、色に意味を持たせることはタブーとされていますが、色の持つインパクトは非常に大きいものです。使い所を考えながら、効果的に活用してみたいですね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 色彩の美しさを活かしたロゴデザイン-#145

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。