記事の詳細

ダークなイメージがしないドクロのロゴデザイン作成例-#143

  • 2018.03.13

  • ドクロのロゴデザイン

    死をイメージさせることの多い「ドクロ」。海賊の旗や刺青で使われそうな、ダークなモチーフですが、ちょっと使い方を工夫すれば、ユーモアあふれるデザインにできます。ここでは、ドクロをモチーフに使いながら、ダークなイメージがしないロゴデザインの作成例をご紹介します。

     

    サンドイッチがドクロになっているロゴデザイン作成例

    最初にご紹介するのは、美味しそうなサンドイッチのロゴデザインです。とろーり溶けたチーズ、新鮮なトマトとレタスの上には、ドクロの形をしたパンがのっています。上部が山形になっているタイプの食パンをラウンドトップと呼ぶそうですが、山形の部分をドクロの頭の部分に上手く使っています。下のパンに入っているロゴタイプは、サンドイッチショップの店名でしょうか。パンの耳のスミ部分に白抜きでのせてあり、品よくデザイン全体を引き締めています。

     

    ドクロがカクテルに浸かってくつろいでいるロゴデザイン作成例

    Logospireさん(@logospire)がシェアした投稿

    次にご紹介するのは、ガイコツがカクテルグラスに浸かってのんびりしているロゴデザインです。グラスの端に寄りかかっているガイコツの手にもカクテルが握られており、ずいぶんいい気分に見えますね。グラスに引っ掛けたフルーツや、ドクロの背に立てかけたサーフボードが南国をイメージさせます。
    サーフショップや、サーフィン用品などのロゴデザインに使えそうですね。

     

    思いっきりビーチを満喫しているドクロのロゴデザイン作成例

    Logospireさん(@logospire)がシェアした投稿

    最後にご紹介するロゴデザインでは、浮き輪でガイコツがぶかぶか浮かんでいます。背景の太陽の高さからすると、夕暮れ時でしょうか。こちらのガイコツも、おいしそうな飲み物を手にしています。サングラスをかけているので表情が上手く読み取れませんが、もうずいぶん酔っぱらっているようですね。

     

    扱い方やシチュエーションを少し変えることで、ダークなドクロもユーモアあふれるロゴデザインにできます。ポイントとしては、あまりコミカルなタッチに変えないほうがいいことでしょうか。ドクロ自体にインパクトがありますので、他のところでユーモアを効かせた方が良いかもしれませんね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. ダークなイメージがしないドクロのロゴデザイン作成例-#143

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。