記事の詳細

紙幣やコインをモチーフにしたロゴデザイン-#138

  • 2018.03.05

  • 紙幣やコインをモチーフにしたロゴデザイン

    まったく新しいかたちの通貨「ビットコイン」が世間で話題です。流通したら便利そうではありますが、騒動をみるとキャッシュレスな社会になるのはまだ先のように考えられます。紙幣やコインは、国を象徴するデザインになっているものも多く、記念コイン以外に世界中のお金を収集するコレクターも少なくありません。お金をモチーフにしたロゴをまとめました。

     

    ドル紙幣をモチーフにしたロゴデザイン

    アメリカドルの独特なグリーンは、一目で紙幣と認識できるモチーフ。図表とセットにして金融関係の報告書風にデザインしています。

     

    巣にコインが入っているロゴデザイン

    ptlv_dsgnさん(@ptlv_dsgn)がシェアした投稿

    お金が貯まるジンクスに、財布をきれいに保つというものがありますが、ロゴはそのジンクスを彷彿とさせます。巣は孵化をイメージさせるため、大事に温めたお金が卵からかえる(成功する)というふうにも読み取れます。

     

    葉とコインを組み合わせたロゴデザイン

    XpertgraphicDさん(@atiq.aust)がシェアした投稿

    お金というと汚いイメージもありますが、フェアトレードなど、適切な行為で適切に金銭を得ることは、社会において非常に重要なことです。このロゴは、さわやかな葉でぐるりとコインを取り囲み、クリーンなイメージに仕上げています。 ちなみに、日本には寸志を「松の葉」と書く風習があります。これは「松の葉に包めるほどわずかばかりのお金」を意味し、「ほんのお気持ちですが」とへりくだって贈答する時に使われます。「寸志」が目上への贈り物に使えない一方で、「松の葉」は上下関係を気にしなくてよい便利な言葉です。

     

    ビットコインやNISAなど、国内でもファイナンシャルプランを考えるシーンが多くなってきました。今後は、銀行だけでなく、こうしたお金モチーフのロゴを冠するファイナンシャル関係のサービスやコンサルタント業が一般的になってくるかもしれません。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 紙幣やコインをモチーフにしたロゴデザイン-#138

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。