記事の詳細

ブランドロゴの制作ヒント[ 自転車編1 ] -#134

  • 2018.03.02

  • 自転車ロゴデザイン

    こちらは自転車ブランドのロゴです。イメージするブランド、ターゲット層や目的の違いにより可能性を追求し、幾つもの素晴らしいロゴを制作しています。複数ロゴ案が必要になった時等、参考にしてみてください。

     

    自転車のロゴデザイン
    背景が黒、ロゴとマークが緑で構成されているロゴです。お分かりになるようにタイヤ部分がかわいい四つ葉のクローバーになっています。 曲線が多く、反対に、鋭角の部分がない比較的柔らかなラインで全体が成り立っています。エコや環境問題に関心が高い若い女性や男性をターゲットとしている様です。 目をつむるとまるで、ハイキングコースの自然を感じる爽やかな空間を感じ、毎日のライフスタイルを変えて、もっと自由を、緑を楽しみたくなる。そんなロゴではないでしょうか。

     

    自転車の楽しさを前面に表現したロゴ – JONNY GO

    こちらは、黄色と黒の2色で構成されており、明るくわかりやすいロゴです。軽快さ楽しさが伝わります。モチーフは、自転車のタイヤと「前進」「進め」を意味する「GO」の2文字とその自転車に乗る人物です。自転車の形状としては、腰を高く上げて乗るタイプの本格的なスタイルで「ロードバイク」を思わせます。「GO」の細い線とシュッと細く流れる手足の描写がスピード感を表現しています。

     

    自転車の要!チェーンの部品を蝶に見立てたロゴ – bicyclette

    こちらは、マーク部分に自転車のチェーンの部品を重ねて蝶を表現しています。色彩はチェーンの部品の緑、ロゴの白色で構成されています。bicycletteの意味は、フランス語で自転車。自転車が進むとチェーンが回転して軽やかに蝶が舞う様な軽やかさを感じます。またチェーンを構成する一部ということから、修理も連想させるのではないでしょうか。

     

    3つのパターンが違う自転車に関するロゴをご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか。一つのテーマでも様々な可能性を感じていただけたと思います。ぜひ参考にしてください。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ブランドロゴの制作ヒント[ 自転車編1 ] -#134

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。