記事の詳細

マスコットを利用したロゴデザイン作成例 -#124

  • 2018.02.25

  • マスコットを利用したロゴデザイン例

    ロゴデザインにおけるアイコンは、企業が取り扱う商品やサービスとは関係なく、親しみやすいマスコットとして使われる場合も少なくありません。ロゴを覚えてもらうという意味で効果的な、マスコットを利用したロゴデザイン例を集めました。

     

    有名な動物をあしらったロゴデザイン制作例

    動物をあしらったロゴデザイン

    「JUMBO」とは19世紀に実在した著名なオスのアフリカ象の名前で、ボーイング旅客機などのように、大きなものの代名詞として英語圏では今もよく使われる言葉です。つまり、象といえば「JUMBO」、「JUMBO」といえば象といった具合。同じサーカスで使われていた小象を守ろうとして機関車と衝突し亡くなったというエピソードもあることから、「優しさ」「愛」の象徴にもなるなど、「JUMBO」は未だにとても人気のあるモチーフです。

     

    生き物をうまくデフォルメしたロゴデザイン制作例

    生き物をうまくデフォルメしたロゴデザイン

    「mosquito」とは昆虫の蚊のこと。あまり人間にとって好ましい生き物ではありませんが、「軽い」ことや「血を吸う」ものの象徴としてロゴデザインに使うなら、これ以上望ましいモチーフはありません。時に憎たらしく思える蚊でも、デザイン次第では洗練されたロゴに仕上がります。小さい生き物ななので、うまくデフォルメしながら蚊とわかるようにデザインするのは案外難しいものです。

     

    動物によって「希少性」や「環境問題」を表現するロゴデザイン

    希少動物のロゴデザイン

    ヨーロッパからシベリアの森林にかけて棲息するネコ科の動物、オオヤマネコをあしらったロゴデザインです。寒さに強く食物連鎖でも上位に位置することから、ウインタースポーツのチームのロゴなどにも好んで使われる動物です。絶滅も危惧されていることから「希少性」「環境問題」をアピールする材料としても使われます。

     

    商品やサービスとは関係ないアイコンをマスコット的に採用する場合、ロゴデザインにどう馴染ませるかが重要になります。アイコンとカリグラフィーのバランスがより重要なケースと言えるでしょう。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. マスコットを利用したロゴデザイン作成例 -#124

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。