記事の詳細

ブルー系のロゴデザイン制作例 -#118

  • 2018.02.24

  • ブルー系のロゴデザイン

    知性や落ち着き、清潔さといった印象のあるブルー。静かなイメージがあるためか、集中力を高めるカラーともいわれています。海や水といった連想からマリンモチーフによく用いられますが、今回は海以外のロゴデザインをまとめてみました。

     

    「W」を青のグラデーションであらわしたロゴデザイン

    Concept Logosさん(@conceptlogos)がシェアした投稿

    「WAY WARD」の頭文字である「W」を、ブルーのグラデーションでデザインしたロゴです。濃いネイビーをベースにして上の方へ向かって徐々に薄くしているので、上昇するイメージがあります。グラデーションは、ホワイトを入れて構成するデザインもありますが、時として明るくなりすぎることも。このロゴはブルーのみでグラデーションを作ることで、落ち着いた印象に仕上げています。

     

    ペットケアのための犬と猫のシルエットデザイン

    Tchuentoさん(@tchuento)がシェアした投稿

    代表的なペットである犬と猫を、ブルーのシルエットで描いたロゴデザインです。水色は濃い色よりも清潔な印象が強いため、ペットクリニックなどでもよくデザインに用いられているのではないでしょうか。やさしい雰囲気のグリーン(若草色)をアクセントに配置することで、よりフレッシュでクリーンな印象に。おそろいの首輪をしているのがかわいいですね。

     

    ブルーの「B」と筆記体を組み合わせたロゴデザイン

    blue__capさん(@blue__cap)がシェアした投稿

    グラデーションで描いた「B」の上に、サインペンで描いたような流れを感じさせる筆記体を組み合わせたデザインです。ブルーとブラックの組み合わせは、ヨーロピアン風のおしゃれさを演出できるカラーコンビ。こちらのグラデーションも、1番目のロゴと同様、ホワイトを入れず、ブルーのみのグラデーションで構成されています。

     

    ブルーを基調としたロゴは、スタイリッシュでクールなビジネスを連想させます。明るさよりも冷静さ、エネルギッシュさよりも革新性をアピールしたいと考える人にうってつけのカラーといえるのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ブルー系のロゴデザイン制作例 -#118

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。