記事の詳細

楽器をモチーフにしたロゴデザイン作成例 -#117

  • 2018.02.22

  • 楽器をモチーフにしたロゴデザイン作成例

    「すべて芸術は絶えず音楽の状態に憧れる。」とは、19世紀イギリスの文学者、ウォルター・ペイターの言葉です。 音楽は国境も言葉の壁も軽くとびこえ、我々の心を直接揺さぶるからでしょうか。 ここでは、そんな音楽に欠かせない「楽器」をモチーフにしたロゴデザインの作成例をご紹介します。

     

    ハッピーなトウモロコシをモチーフにしたロゴデザイン作成例

    LOGO PLACE®さん(@logoplace)がシェアした投稿


    最初のロゴデザインでは、サングラスをかけたトウモロコシが楽し気にギターを弾いています。 トウモロコシの葉っぱが弦を弾く手に、ヒゲの部分が髪の毛になっています。 サングラスの部分はトウモロコシの実でしょうか。ロゴタイプにある「POP」の「O」の文字もトウモロコシの実になっていますね。 全体的にイエローを基調としていて、葉っぱのみにアクセントカラーを使っていて、まとまりのある色調です。 サングラスを黒塗りではなくてイエローにしているのも良いですね。全体の明るくポップな雰囲気を損なわずにすんでいます。

     

    トランペットがロゴタイプに組み込まれているロゴデザイン作成例

    Piotr Gorczycaさん(@piotrlogo)がシェアした投稿

    次はちょっと落ち着いた雰囲気のロゴデザインです。「Jazz」の「J」が、トランペットの管になっています。 上下の「1900」と「NEW ORLEANS」のロゴタイプが、古き良きアメリカの雰囲気を漂わせていますが、古臭い感じはしません。 ロゴにも、お店のネオンにも使えそうなデザインですね。

     

    ロックする星、そのものずばりのロゴデザイン

    最後は、くすりと笑ってしまいそうなロゴデザインです。 「ROCKSTAR」と書かれた大きめのロゴタイプにまず目が行きます。 そのあとに視線を上に移すと、「スター」がギターで「ロック」しています。直球すぎて清々しいです。 しかもこの「スター」、左足に重心をかけ、こころもち右側に頭を傾けています。 シェイプとしては単純なのに、ちょっとした工夫で動きや表情が伝わってきます。

     

    楽器は「楽しさ」を手軽にイメージさせることができ、使いどころが多いモチーフです。 だからこそロゴデザインに使用する場合は、敢えて色の使い方などをシンプルにして、ちょっとした工夫で差別化をはかると良いかもしれませんね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 楽器をモチーフにしたロゴデザイン作成例 -#117

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。