記事の詳細

イースターをモチーフにしたロゴデザイン -#112

  • 2018.02.18

  • イースターをモチーフにしたロゴデザイン

    イースターは、キリストの復活を祝う特別な日です。春分の日後の初めての満月が過ぎた次の日曜日、と定められている移動祝日なので、毎年開催される日は異なります。日本ではあまりなじみがありませんが、キリスト教圏では、復活を意味する装飾された鮮やかなタマゴを飾ったり、繁栄や豊穣をあらわすウサギのチョコレートがマーケットに出回るなどして、キリストの復活をにぎやかに祝います。今回はイースターに関連するロゴデザインをピックアップしました。

     

    ウサギの耳と口をあしらったロゴデザイン

    mixusstudioさん(@mixusstudio)がシェアした投稿

    イースターをお祝いしているロゴです。ウサギの口をバツ(X)印であらわすのは、ミッフィーでおなじみの手法。長い耳とセットにすると、遠目で見てもすぐにウサギと分かります。

     

    タマゴとウサギを組み合わせたロゴデザイン

    даниелさん(@dxniel_99_)がシェアした投稿 –

    イースター・キャンプのロゴとのことです。イースターのタマゴといえばカラフルに彩られたタマゴがポピュラーですが、その中でモノクロのデザインはパッと目を引きます。

     

    アカウント名とウサギモチーフを組み合わせたロゴデザイン

    アカウント名の「insidedenhaag(iDH)」にウサギのシッポや耳、鼻をあしらったロゴデザインです。ウサギの鼻に、きちんとヒゲを描いているところも芸が細かいですね。背景には個性的ないでたちのビルをずらりと並べ、どこかファンタジックな印象に。

     

    イースターは、キリスト教の重要な祝祭ですが、クリスマスと違ってあまり日本には浸透していません。ディズニーランドのイベントやファンシーグッズのモチーフなどで春に見かける程度です。カラフルなタマゴやウサギはかわいいですが、宗派によってはイースターの前に断食をおこなうこともあり、楽しいだけではない厳かな行事です。流行り廃りとは別の次元にあるといえるかもしれません。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. イースターをモチーフにしたロゴデザイン -#112

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。