記事の詳細

テキストとイラストが相補的なロゴデザイン制作例 -#110

  • 2018.02.16

  • ロゴデザインインスピレーション110

    ロゴデザインは、企業名やサービス名を表すテキストと、それをシンボリックに示したイラストが組み合わされるパターンが主流ですが、今回はその関係がより直接的で分かりやすいロゴ制作例をご紹介します。

     

    文字間で人物の顔を表したロゴデザイン

    最初にご紹介するのは、顔を表す英単語「FACE」というテキストを使って、そのまま人物の顔を認識させるロゴデザインです。発想自体は単純でシンプルなものですが、文字と文字の隙間の空白に顔のイラストを組み込んでしまっているところが見事で、特に「F」の下の横棒が右目の役目を果たしているのは非常に素敵なアイディアです。文字の要素でないパーツは一つもないにも関わらず、両目・鼻・口という部位を欠かしておらず、技術的にも申し分ありません。

     

    鳥の頭部と音符が融合したロゴデザイン

    続いてご覧いただくロゴデザインは、「Birdsong」というレコーディングスタジオを想定したロゴ。先ほどの例とは打って変わった愛らしいデザインで、店舗名をbirdとsongに分け、その二つをそれぞれ鳥の頭部と音符になぞらえて組み合わせたイラストが目を引きます。特に、二つの曲線と小さな点だけという鳥のイラストは、テキストを読めば認識できるという計算に基づいた究極の簡素化テクニックが使われており、見事というほかありません。

     

    文字自体が意味と意匠を兼ね備えたロゴデザイン

    最後にご紹介するのは、「USB」という文字自体がUSB端子そのものを表すという、シンプルながらも大胆で迫力のあるロゴデザインです。文字の意味とイラストがリンクしていたり、文字の一部がイラストの一要素を兼ねている例はよく見られますが、テキスト全体がイラストの大半を占めている例は珍しいと言えます。しかも単色のデザインでありながら立体的で、なおかつ「B」だけ文字色を反転させて部品の違いを表現しているところに、デザイナーのセンスが伺えます。

     

    テキストが持つ意味とそれが表すデザインを関連づける方法には、多種多様なものがあることをご理解いただけたかと思います。今回のデザインを参考に、さまざまな手法を試行錯誤してみてください。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. テキストとイラストが相補的なロゴデザイン制作例 -#110

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。