記事の詳細

モノトーンを基調としたシンプルなロゴデザイン制作例 -#109

  • 2018.02.16

  • モノトーンを基調としたシンプルなロゴデザイン

    ロゴデザインではインパクトが非常に大切ですが、色数を増やしたり精緻な描写をすれば良いというものではありません。むしろ極限まで要素を削ぎ落としたシンプルな意匠が、見る人に訴えかけることが多々あります。今回はその一例として、モノトーンを基調としたロゴマークをご紹介します。

     

    水着の女性をあしらったロゴデザイン

    最初にご紹介するのは、露出の少ない水着にハイヒール・ストッキングを身につけた、どこかクラシカルな香りが漂う女性を描いたロゴデザインです。輪郭線すらない、黒のパーツだけで構成されたイラストでありながら、誰が見ても妖艶さを感じる不思議なデザイン。これも不要なエレメントを可能な限り排除した、引き算のテクニックが生み出した効果だと言えるでしょう。また、一色だけしか使われていないため、媒体を選ばずに印刷が可能な点も魅力です。

     

    狐の横顔を描き出したロゴデザイン

    続いての作品は、遠くを見つめる狐の横顔を切り取ったモノクロームのロゴデザインです。このイラストも、鼻や口といったパーツを思い切って省いてしまい、最低限「狐」と認識できる要素だけで構成するという、単色ロゴデザインの王道とも言えるテクニックが用いられています。特に秀逸なのが、顎から胸元に広がる白い毛の表現。シルエットだけではオオカミや犬にも見えてしまうシェイプを、この一点でもって狐に見せている、要素の取捨選択が重要だと実感できる好例です。

     

    マジックショーを彷彿とさせるロゴデザイン

    最後にご案内するデザインは、シルクハットをかぶったハトの羽がトランプで表現されているという、マジックショーに使われる要素をふんだんに盛り込んだロゴデザインです。これまでの二例とは反対に、黒地に白の配色になっていますが、モノトーンのロゴイラストは、背景色やインクカラーに左右されず、どんな配色でも違和感なく使えます。また、ハトは何とか「鳥」と認識できるレベルにまで思い切ってデフォルメし、帽子とトランプからハトと連想させる計算も見事です。

     

    シンプルかつ印象的なロゴデザインを目指すなら、モノトーンのイラストはその中でも究極なものの一つと言えるでしょう。使用するシーンやメディアを問わないのも魅力の一つ。ぜひ今回のデザインを参考にして取り入れてみてください

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. モノトーンを基調としたシンプルなロゴデザイン制作例 -#109

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。