記事の詳細

「アハ体験」によって見る人を印象付けるロゴデザイン -#098

  • 2018.02.07

  • ロゴデザインインスピレーション98

    ちょっと見ただけでは、その意味するところが理解できないロゴデザインも少なくありません。わかりづらいメッセージは忌避される傾向もありますが、よくよく見るとその伝えたいことがわかるロゴデザインは、見る人に「アハ体験」(ひらめきや「気づき」の体験)を促し、強い印象を残すことで忘れられにくくなるものです。そんな「アハ体験」によって見る人を印象付けるロゴデザインを集めてみました。

     

    シンプルなテキストにアイコンを忍ばせたロゴデザイン

    アイコンを忍ばせたロゴデザイン

    すぐに「sleep」の文字が目に飛び込んできます。2つの「e」の文字に少し手が加えられていますが、経験から見る人はこれが「sleep」という文字であることがすぐにわかるようになっています。シンプルでスタイリッシュに見せるための意匠のようですが、よく観察していると、2つの「e」が「閉じた目」であることがわかってきます。テキストにアイコンが隠されているというわけです。

     

    アイコンにテキストを忍ばせたロゴデザイン

    テキストを忍ばせたロゴデザイン

    こちらは上の例とは逆、アイコンにテキストを忍ばせたロゴデザインです。椅子が一つあるだけのようにも見えますが、よく見ると背もたれに「SiT(座る)」の文字が見えてきます。本来見えるはずの四本目の足を省略するなど、ミニマムなデザインに仕上げることで、文字を浮かび上がらせやすいように工夫がなされています。

     

    アイコンとテキストに間接的な意味を込めたロゴデザイン

    アイコンとテキストに間接的な意味を込めたロゴ

    「gravity」とは「重力」や「引力」といった意味。そして、その下に置かれているのは一つのりんご。一見なんの関係もないようですが、よく見るとりんごの下には影が描かれていて、地面の上に置かれていることがわかります。つまり、これはニュートンが万有引力の法則を発見した際のりんごであり、テキストとアイコンが見事に結びつきます。まさにニュートンがりんごが木から落ちる時を発見したような「アハ体験」が起こりませんか?

    なかなかじっくりとは眺めてもらう機会が少ないだけに、ロゴデザインはわかりやすいものであることが望まれるケースが多いようです。ところが、見る人に印象を残すのがロゴデザインの一つの使命である以上、時間をかけて「アハ体験」を促すようなロゴデザインがあってもいいはずですね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 「アハ体験」によって見る人を印象付けるロゴデザイン -#098

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。