記事の詳細

シェフをモチーフにしたロゴデザイン作成例 -#091

  • 2018.02.02

  • シェフをモチーフにしたロゴデザイン

    出来たての料理を間髪入れずに次々と提供するという慌ただしさから、「戦場」とも称されるレストランの厨房。そこで食材や調理器具と格闘しているのがシェフです。白い帽子がトレードマークの戦士、シェフをモチーフとしたロゴデザインをピックアップしました。

     

    包丁とボウタイでシェフをあらわしたロゴデザイン

    白いコック帽を描かずにシェフを表現した、洗練されたロゴデザインです。ボウタイと左右に置かれた包丁がタキシードのようにも見えるこのロゴ。シェフと料理を運ぶボーイの特徴を両方とも入れることで、高級レストランのイメージを瞬時に認識させる効果があります。フォントや構成は非常にシンプルですが、存在感のあるロゴ制作例といえるでしょう。

     

    リンゴをシェフっぽく擬人化したロゴ制作例

    こちらは1番目のロゴとは180度イメージの異なるロゴマーク。擬人化されたリンゴに、シェフのトレードマークであるコック帽がかぶせられています。ボディのハイライトや健康そうな歯、大きな目など、随所に白がレイアウトされていて、全体的に清潔感を感じさせます。シェフを描いたロゴではありますが、スーパーや市場のキャラクターとしても活躍しそうな躍動感があります。

     

    アルファベットとシェフを組み合わせたロゴデザイン

    大きく描かれたアルファベットのロゴから顔を出す、ちょびヒゲにメガネのシェフ。本来のシェフは衛生管理の点からヒゲを剃っている人が多いかと思いますが、キャラクターとしてはユーモラスなヒゲが魅力的。口は描かれておらず、目元もメガネで隠されていますが、くるんと丸まったヒゲのおかげでロゴ全体に動きがもたらされます。

    高級レストランのロゴとして通用するような1番目のロゴ、親しみやすい2番目、3番目のロゴ。どちらもシェフをモチーフとしていながら、方向性はまったく違うのが面白いところです。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. シェフをモチーフにしたロゴデザイン作成例 -#091

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。