記事の詳細

紳士のシンボル、シルクハットをモチーフにしたロゴデザイン -#088

  • 2018.02.01

  • シルクハットをモチーフにしたロゴデザイン

    19世紀にヨーロッパで生まれたというシルクハット。モーニングコートとセットで英国紳士を気取ったり、マジックショーで中からハトがでてきたり、何かと魅力的な小道具です。それだけに多くの作例があるのも事実です。 ここでは、シルクハットをモチーフにしたロゴデザインの制作例を3つご紹介します。

     

    マン・イン・ザ・ライトニング。ドラマチックなシルエットのロゴ作成例

    LOGO PLACE®さん(@logoplace)がシェアした投稿

    最初にご紹介するのは、ハットにコート、髭をたくわえた、渋めの紳士のロゴデザインです。 艶やかな黒一色の背景に、強い光により浮かび上がった白い輪郭。 真夜中に佇む紳士が、一瞬の雷光で浮かび上がったかのようにも見えますね。 紳士の表情も読み取れず、シンプルでありながらドラマチックな雰囲気がただよっています。 看板や服のワンポイント、タイルなど、色々と応用が利きそうなロゴデザインですね。

     

    キリリとした猫紳士のロゴ作成例

    Logo Design Loversさん(@logodesignlovers)がシェアした投稿 –

    次は、不適に笑う猫がモチーフのロゴデザインです。 スーツを着てハットをかぶり、蝶ネクタイまでしっかり締めているこの猫からは、そこいらの男では到底かなわないような風格すら感じます。猫の鋭い目つきや完璧な着こなしだけでなく、版画風のタッチで細かいところまで丁寧に描き込まれていることも、このロゴデザインに力を与えています。何かカッコイイ台詞をロゴタイプとして置きたくなるデザインですね。

     

    ウォーキング・ベア。熊を紳士にしたユーモラスなロゴ作成例

    最後のロゴデザインも、動物がモチーフのデザイン。こちらは熊です。 ぴちぴちのモーニングにシルクハットをかぶり、ステッキ片手に悠々と歩いています。 重心は少し後ろ、視線は斜め上。鼻歌が聞えてきそうな雰囲気ですね。 どこかユーモラスな熊を合わせることで、シルクハットの堅いイメージを打ち消しています。 また、どこか手描き風のタッチも、このロゴに温かみを感じさせています。

    シルクハットは構造もシンプルかつ明確なイメージもついているので、扱いやすいモチーフです。 だからこそ誰にかぶらせるか、どのようにかぶらせるかなどを工夫して、うまく差別化したいものですね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 紳士のシンボル、シルクハットをモチーフにしたロゴデザイン -#088

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。