記事の詳細

トリックアートの手法を取り入れたロゴデザイン -#086

  • 2018.01.29

  • トリックアートの手法を取り入れたロゴデザイン

    視点を変えることで別の見え方になるイラストをトリックアートと呼びますが、その手法をロゴデザインに取り入れると、インパクトの強い印象的な作品を作り上げることが可能になります。それらの中からいくつかをご紹介します。

     

    吹き出しを店舗の壁に見立てたロゴデザイン

    最初にご紹介するこちらの作品は、「shopchat」というテキストとショップの外観をイメージさせるイラストを組み合わせたロゴデザインです。イラストがテキスト情報の前半にあたる「shop」を表していることは一目瞭然ですが、よく見るとショップの壁と窓を模した部分が、チャットアプリなどでよく使われる吹き出しになっていることがわかります。一つのアイコンに二つの意味をもたせることに成功した、素晴らしいアイディアです。

     

    頭蓋骨の眼窩をゲームのパッドで表現したロゴデザイン

    続いてご紹介するのは、「SKULL GAMING」という、少しおどろおどろしいネーミングのロゴデザインです。「SKULL」とある通り、アイコンは頭蓋骨をイメージしたインパクトの強いものですが、眼窩(目のくぼみ部分)がGAMINGに直結するゲームパッドで表現されています。片方の文字要素が表すイラストの一部を、もう片方の文字要素を示すイメージが兼ねているという、物体のシェイプを鋭く観察するスキルが発揮された良作です。

     

    うさぎの丸みでアイスを表すロゴデザイン

    最後にご案内するのは、見た目にも非常にキュートなイラストを使った「BUNNY ICE CREAM」のロゴデザインです。テキストの前半部分である「BUNNY(うさぎ)」のイラストはシンプルな描画ながら、うさぎの特徴である耳を中心に据えることで、絶妙なバランスがとられています。さらにうさぎの愛らしい丸っこい曲線がバニラアイスになぞらえられており、アイスクリームマーケットの主要ターゲットである女性たちにうまくアピールしています。

    人間の脳は、シンプルな造形に対して複数の解釈をする傾向があります。これをうまく利用することで、一つのアイコンに二つ以上の単語を含むブランド名を内包させ、記憶をより強く定着させることができます。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. トリックアートの手法を取り入れたロゴデザイン -#086

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。