記事の詳細

レストラン風ロゴデザイン:魚編 -#081

  • 2018.01.25

  • レストラン風ロゴデザイン:魚編

     

    和食だけでなく、地中海料理やイタリアンでも馴染み深い魚。今回は、洋食系の魚モチーフによるロゴデザインをピックアップしました。ちなみに、レストラン風のロゴデザインは「肉編」、「鶏編」の記事もあります。

     

    フィッシュ&チップスのためのロゴデザイン

    フィッシュ&チップスは、白身魚のフライとポテトフライを合わせた、イギリスのファーストフード。日本でも、バーなどのサイドディッシュとして置かれているところがあります。簡略化して描かれた魚のモチーフと、ブルー系でシンプルにまとめたロゴが手軽なファーストフードの雰囲気を出しています。

     

    リアルな魚のロゴデザイン

    3つの記事で紹介している「レストラン系ロゴ」のうち、もっともリアルなロゴといえるかもしれません。シーフード・バーのためのロゴデザインとのこと。黒の濃淡のみで、魚のぎょろりとした目玉、体の細かい模様、泳いでいるかのようなヒレの動きが描かれています。万年筆でさらりと書いたようなアルファベットと合わせて、シックな印象に。

     

    魚の尾ビレが波のように見えるロゴデザイン

    Sonia Yimさん(@soniaydesigns)がシェアした投稿

    消しゴムハンコを思わせる、かすれ具合がいい味を出しているロゴです。エメラルドグリーンとサーモンピンクが明るい印象をあたえるこのロゴ、よく見ると魚の尾ビレが波のようにデザインされているのがお分かりでしょうか。魚の腹部分にはうろこ状の模様が描かれるなど、シンプルに見えて細部が作り込まれたデザインが魅力的です。

    魚は細部をリアルに描き込み過ぎると、ぬめりや鱗の感触が想像できて、嫌悪感を抱く人も。そういった意味では、2番目のロゴはかなり攻めたデザインといえます。とはいえ、シンプルな構成一辺倒では個性がありません。バランスを取るのがデザインのしどころといえるでしょう。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. レストラン風ロゴデザイン:魚編 -#081

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。